令和歌合せ(皐月の会)詠進一覧

令和歌合せ(皐月の会)に詠進いただいたお歌をご紹介します。
→「和歌所の歌会・和歌教室

題「春」

風渡り賀茂の祭りの静々と 幾年過ぎて常(とこ)しえなりや
庭に揺る花橘を吹き混ぜて 流れを留めぬ風は過ぐらむ
ころもがえクローゼットに吊るさるる レフ板代わりの白きトッブス
夏衣たつ面影は変らぬに 君が心や薄くなるらむ
近ごろは姿見れずに小石(恋し)丸 世界遺産も同じ寂しさ
ほどもなく時を告げるや疾き朝に 聴かまほしきは須磨の松風
坂道を帰りゆく先望月の 低く低くに立ち昇るらん
五月雨の憂ゐの奥山さ迷へば 若竹に落つ露の青さや
見し人のかげ木漏れ日にきらめいて 梢まだしき橘の花
ありふれた香りをまとひあひにゆく 吾を思う時のながくもがなと

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese