正月歌合&連歌会を2月18日に開催します

来る2月18日、三回目となる「歌合」を開催します。詠草を左右に番え、そぞれ方人・念人が難を加え、判者が優劣を下す。この一連を古式を慕って行います。監修は早稲田大学の日本古典文学講師「フィットレル・アーロン」先生。この機会にぜひ、他では味わえない古典和歌の風雅な世界を体験してみてください。

歌合の題は「夜間梅花」「後朝恋」です。ご参加の方は一題一首の詠草をご用意ください。
初心者・初参加の方ももちろん大歓迎、ともに歌文化を遊び尽くしましょう。

歌合の後はご参加のみなさまと「連歌会」を開催します。できるだけ古式に則った、本格的な連歌を楽しもうと思います。目標は「半歌仙」の完成です。

場所は文化の薫り高い上野の「市田邸」。心づくしの秋に和歌の情景に思いを馳せ、文人墨客の風流な遊びに興じましょう。

ご参加に際して

 ※雰囲気を盛り上げるため、ぜひお着物でご来場ください(必須ではありません)

開催場所、参加料

〇歌合題:「夜間梅花」、「後朝恋」

〇開催日:2月18日(日)
 ・開場:9時30分
 ・歌合:10時~12時半
 ・昼休憩:12時半~13時半
 ・連歌会:13時半~16時
 ・片付け、撤収:~16時半

〇参加料:3,000円(税込)※歌塾生の方は2,000円

〇開催場所:台東区上野 「市田邸」(東京都台東区上野桜木1-6-2)

〇定員:15名程度

お申し込み

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)


    ※入力に誤りがないか、今一度ご確認ください

    お電話番号

    ご希望の歌会または催し(必須)

    歌合

    詠草、ご質問など

    和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

    代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

    季刊誌「和歌文芸」
    令和六年冬号(Amazonにて販売中)

    jaJapanese