十六番「立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む」(中納言行平)~ 百人一首の物語 ~

「立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り来む」(中納言行平)

中納言行平、実名を在原行平という。高貴な出自も祖父平城上皇が薬子の変により出家、父も連座して太宰府に左遷となり、九歳には臣籍に下る。
弟に業平という古典界を席巻するスーパーアイドルがいるためか、彼の存在感は極めて薄い。正直なところ私も行平についてほとんど知らない、そればかりか興味もなかった。知っている歌も百人一首を含めて片手で数えるほど、しかしそれで十分! それほどに行平の百人一首歌には語ることがある。

「因幡」と「去なば」を、「松」と「待つ」を掛ける手のこんだ歌は古今集の離別に採られた。と、ここでまず行平が地方官として因幡国に下ったことがわかる。しかし詞書きがないためにいつ詠んだものか定かでなく、結果この歌をベースにとてつもない妄想劇が生まれた、謡曲「松風」である。
舞台は須磨の浦、何かあって須磨に流された行平は土地の海人姉妹(松風、村雨)と出会い恋に落ちる。しかし許されて都に戻るとなるや、行平は身分違いの二人を捨ててしまった。見どころ言うまでもなくクライマックス「破の舞」、亡霊となった松風(後シテ)は行平形見の烏帽子と狩衣をまとい「立ち別れ」の歌を口ずさむ。在りし日の幸福はいくばくか、思い出すほどに女は狂乱となり、末は夜明けとともに狂い果てた。舞台は最後、行平名残の松をわたる風ばかりが残ると謡われて終わる。序破急の構成が見事な分、最後の虚しさに身震いさえ感じるだろう。これぞ謡曲という芸術の極み、数ある曲目いや古今の舞台作品を勘案しても松風ほどのラストシーンにはそうそうお目にかかれない。

ということでまたしても歌より能楽師世阿弥の筆力の素晴らしさを語ることになってしまった。しかし忘れてならないのが「松風」の舞台を須磨にしたのも行平の歌※であった。業平は伊勢物語に見られる数多の歌をもって古典を席巻したが、行平はわずかばかりの歌でこの「松風」や「源氏物語」といった歴史的古典の素地を築いたのだ。

※「わくらばにとふ人あらば須磨の浦に藻塩たれつつわぶとこたへよ」(在原行平)

(書き手:和歌DJうっちー)

「百人一首の物語」一覧


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。