和歌の入門教室 「本歌取り」

先般、2020年東京オリンピック公式エンブレムのパクり騒動なんてのが世間を騒がせましたが、和歌の世界では「パクり」にも似た行為が横行してることをご存知でしょうか?
そう、それが本歌取りです。

例えばこちらの歌、

「春の夜の 夢の浮橋 とだえして 峰にわかるる 横雲の空」(藤原定家)

これは本歌取りの最高峰とも言える歌ですが、同時に「パクリの王様」とも言える歌です。

本歌取りは、有名な古歌の文句を拝借して歌を組み立てる技法です。古歌、いうなればパクリ元は、古今和歌集にある以下の歌です

601「風ふけば(峰にわかるる)白雲の たえてつれなき 君か心か」(壬生忠峯)

山の峰で二方向に別れる雲を、愛する人の離れてしまった心に例えた歌です。

また百人一首にも採られた、

「(春の夜の夢)ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ」(周防内侍)

などの文句も十分意識されているでしょう。

さらに二句の「夢の浮橋」は源氏物語の最終帖のタイトルを丸パクリです。つまり先の定家の歌は、パクリだけで構成されたキングオプパクり歌! なのです。これを「本歌取り」なんて立派な名前をつけただけで、技法と言っていいのか? そもそもこんな歌が評価されていいのか?

いいんです!

パクリと本歌取りには大きな違いがあります。それはパクりが「出典」を知られてしまっては困るのに対して、本歌取りは「出典」を知っていてもらわないと困るのです。

ちなみに定家自身、その歌論「毎月抄」において

「その歌を取れるよと、聞き手に聞ゆるやうに詠みなすべきにて候」
「毎月抄」

と述べています。

和歌はコミュニケーションツールです。本歌取りというコミュニケーションが成り立つには、互いに出典元の和歌を知っている必要があるのです。
この時代、古歌を知っているということは第一の教養でした。もし本歌取りの和歌を受け取った人が、その本歌(古歌)を知らないということになれば、歌の本意を理解できないのはもちろん、無教養としてレッテルを張られる恐れもあるのです。

さて、本歌取りが技法たる所以ですが、これは31文字という文字限界を突破し、表現力を重層的に拡張できる点にあります。

定家の歌と忠峯の本歌を比べてみて下さい。忠峯の歌には「たえてつれなき」と心情が入っていますが、定家の歌には感情が一切みえません。それでも定家の絵画的な歌に冷々たる虚しさを感じるのは、本歌が持っている本意を見事に重ねているからです。

本歌取りとは、いわば香水の調香と同じです。歌に立ち込める匂いのエッセンスを抽出し、それらを新たに再調合して新しい香りを生み出す。匂いが強すぎても、弱すぎてもいけません。ほのかに香らせつつ、強めるところは強める。定家は本歌取りの名手と言われますが、それはこの調合(構成)力にあると思います。

本歌取りは和歌が歴史を蓄える中で育まれた、高度に技術化した技法です。新古今和歌集の和歌が分かりづらいというのは、ここに採られた和歌の多くが本歌取りであるからでしょう。一首を理解するのに、和歌だけでなく源氏物語などの古典文学や漢詩などの膨大な知識・教養が前提となるのですから。簡単にコピペできるパクりとは全く違いますね。

→関連記事「定家vsマラルメ 世紀を超えた対決! 象徴歌の魅力に迫る

さて、古歌でコミュニケーションすると言えば、こんなエピソードが源氏物語にあります。
月の美しい花見の宴、政敵であり、源氏物語のラスボス弘徽殿女御の妹が近づいてきます。
「朧月夜に似るものぞなき」と口ずさみながら。

これは大江千里の

「照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の 朧月夜に しくものぞなき」

をもじったものです。

これを聞いた源氏は、女にセンスと教養を感じ取ったのでしょう。心が躍り、女の腕を強引に掴み抱き寄せ、口説きはじめるのです。

「深き夜の あはれを知るも 入る月の おぼろげならぬ 契りとぞ思ふ」

なんて言いながら。

※このエピソードで、女は「朧月夜」と呼ばれるようになりました。

現代に生きる我々もさらっと言ってみたいものですね、例えばこんな風に…

男「月を見ると、何かにつけて物悲しくなるよ」
女「でも、あなただけの秋ではないけどね」
お、こやつできる! となります。

ちなみに出典はこちらです。

193「月見れば ちぢに物こそ かなしけれ わか身ひとつの 秋にはあらねど」(大江千里)

(書き手:和歌DJうっちー)

「和歌の入門教室 一覧」


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。