/和歌とは?

和歌とは?


和歌とは何か?
このざっくりとした質問に、私がざっくりとお答えいたします。

概略

「和歌」とは三十一文字で構成された日本独自の定型歌。
貴族文化華やかりし奈良から平安時代にかけて文化活動の中心をなし、宮中の行事だけでなく日常においても盛んに詠まれ、皇室とそれを取り巻く貴族たちにとっての自己表現であり、教養であり権力の証でもありました。

四季と恋

興味深いのはその題材、史上初の勅撰集「古今和歌集」(905年成立)ではその総歌数千百首のうち「四季(春夏秋冬)」と「恋」で歌集の半数以上(702首)を占め、その傾向は以後の勅撰集でも変わることなく、そのまま日本文化の二大関心事となりました。
→関連記事「和歌を知ろう(春夏秋冬)
→関連記事「和歌を知ろう(恋)

歌ことば

ただ和歌において、四季や恋はありのままの姿(写実)で詠まれることはありません。草木や恋心は歌人達の理想的な姿に設定され、その共有された前提のもとで歌に詠みこまれるのです。
この設定がなされたことばを「歌ことば」といい、これこそが和歌を和歌たらしめる最大の特徴です。
→関連記事「和歌と短歌の違い(2) ~歌ことば編~

厳密なルール

和歌の詠歌には歌ことばだけでなく、修辞法(枕詞、掛詞、序詞、縁語、、)や歌枕さらに本歌取りなど、さまざまなルールを心得る必要があります。
これがおなじ定型歌の現代短歌とは大きく一線を大きく画す点であり、現代日本人から和歌を遠ざける障壁となっています。反面、このルールが厳格である分、一度理解すれば誰でも大半の古典和歌の鑑賞が可能になるとも言えます。
→関連記事「和歌の入門教室

芸術への昇華

長い間文化の中心であった和歌は、時代と共にその歌風も洗練されていきます。
万葉集(奈良時代)では素朴な叙情・叙景表現が中心でしたが、古今和歌集(平安時代)になると文化意識を取り込み、新古今和歌集(鎌倉時代)になると一首のうちに絵画や物語を創出する芸術へと到達しました。
→関連記事「七夕の歌で知る万葉集、古今和歌集、新古今和歌集の違い
→関連記事「定家vsマラルメ、世紀を超えた対決! 象徴歌の魅力に迫る

日本文化の礎

この和歌で紡がれた物語は、例えば文学(源氏物語…)・芸道(能、茶… )、書画(かな、日本画… )など現代につながる日本文化に今も絶対的な影響を与え続けています。つまり私たちは未だ気づかぬうちに和歌の美意識の流れの中に生きているのであり、和歌を知ることは日本文化の神髄を知ることに繋がるのです!
→関連記事「古今和歌集とは

(書き手:和歌DJうっちー)


歌会・和歌教室、和歌bar
 
歌会・和歌教室、和歌bar

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪


 
ラジオ和歌マニア

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる!「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。