万葉集の代表歌、歌風、選者そして歴史をざっと知る!

新元号「令和」の出典となったことで、一躍脚光を浴びた「万葉集」。
今回はこれから古典和歌に親しもうという方に向け、万葉集の秘密をお話しします。
ぜひご一読ください。

玉石混交な万葉集と、キラキラの古今集

万葉集を一言で表すならば、それは「玉石混交」です。

古くは仁徳天皇の后磐姫から大伴家持まで、およそ400年にわたる人々の歌を蒐集。ちなみにこれは八代集、古今から新古今に至る年月を凌ぎます。詠み人は天皇から下級官人はては乞食まで貴賤貧富関係なく、総歌数は4500首を上回り日本史上最初で最大というべき歌集です。

雑多というのは先に示したのが端的な現れですがそれに留まりません。歌の形式も定まりなく(長歌、短歌、旋頭歌、漢詩などが存在)、歌風だっていわゆる大らかな万葉調の「益荒男ぶり」だけでなく、後の古今集に通じるような「手弱女」もある、また写生歌だけでなく観念的な歌も多い、まあ当然ですよねそもそもが神様=天皇を讃える歌が集の根幹なんですから。
さらに後の勅撰集では詠べき景物や歌の配列に細心の注意を払っていますが、万葉集にはそんな意識ほとんどありません。花も詠めば屎も詠む、まさに玉にも石にも出会える作品群なのです。
→関連記事「万葉集のカオス! その特徴(歌風)と本当の魅力を実例で知る

ちなみに初の勅撰集であり日本文化のバイブルである「古今和歌集」は、いうなれば「玉」のみが採取された歌集。キラッキラの宝石がその色・形で整然と並んでいます。そして新古今和歌集も同じ玉の歌集ではありますが、その玉は見る人によって千変万化する「幻の玉」、万葉集と比較するとこのように譬えることができます。

選者(編纂)はだれか?

これについては明確になっていません。しかし4500首のうちおよそ一割を占める「大伴家持」が重要に関与したことは確実です。巻二十に採られた「防人歌」も、家持が難波で防人の検校に携わった際に集めたことが分かっています。

「かの御時よりこの方 年は百年あまり 世は十継になむなりにける」
(古今和歌集 仮名序)

古今和歌集の仮名序の一文ですが、これを醍醐天皇を起点に上ると平城天皇の時世となり、その御代始めの大同元年まできっかり百年になります。平城天皇といえば平城京への遷都の詔を出した人物(薬子の変)、万葉(奈良時代)への思い深かったに違いありません。であるから、家持が集めた歌々が手に入つたのを機会に、奈良以前の歌集を勅撰しようと企てた張本人である、と論じたのは国学者の折口信夫でした。

巻毎の歌風分類と代表歌

万葉集は二十巻に分かれています。古今集以後の勅撰集もこれにならって二十の部立てを採っていますが、それらは四季(春夏秋冬)や恋(一~五)などテーマを持ち合わせています。しかし万葉集にはそれがありません、鑑賞しづらいですよね。というわけで、以下のとおり巻の内容別に整理し直してみました。

■大歌:巻一、二、三、四、六
大歌とは宮廷儀式、宴遊で詠まれた歌です。天皇自身または臣下による天皇賛歌が続きます。
ここには宮廷歌人で歌の聖、柿本人麻呂や山部赤人の歌も採られています。人麻呂は大歌よりも赴任先の石見で歌った美しい羇旅・相聞歌などに胸を打たれることでしょう。

20「わたつみの豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけかりこそ」(中大兄=天智天皇)
132「石見のや高角山の木の間より 我が振る袖を妹見つらむか」(柿本人麻呂)
235「大君は神にし座(ま)せば 天雲の雷の上にいほらせるかも」(柿本人麻呂)

→関連記事「柿本人麻呂 ~みんなの憧れ、聖☆歌人~
→関連記事「万葉集の引力! 柿本人麻呂の挽歌と六皇子

■筑紫歌壇の歌:巻五
「令和」の由来となった梅の宴はここに採られています。太宰府を中心とした歌人たちの生き生きとした歌に、筑紫歌壇の活気を伺い知ることができます。
しかし注目すべきは山上憶良の作品群です。憶良は社会の暗部に目を向けた古代詩歌史上稀有な歌人。著名な「貧窮問答歌」はじめ「子らを思ふ歌」などに触れると、当時の日本人の苦しみ、悲しみがありありと伝わってきます。現代の私たちも同情と感涙の念に襲われます。

803「銀も金も玉も何せむに まされる宝子にしかめやも」(山上憶良)
822「わが園に梅の花散るひさかたの 天より雪の流れ来るかも」(大伴旅人)

→関連記事「百人一首に採られなかったすごい歌人! 男性編(山上憶良、花山天皇、源頼政)

■羇旅歌:巻七、九
柿本人麻呂の歌や羇旅歌が並びます。

1068「天の海に雲の波立ち月の舟 星の林に漕ぎ隠る見ゆ」(柿本人麻呂)

■四季歌:巻八、十
春夏秋冬を詠んだ歌がおおまかに分類され並んでいます。古今集のような細かな配列にはなっていませんし、また歌風にも一切制限が見られません。しかし中には古今集を思わせる観念的な歌もあり、のちの古今和歌集への萌芽を感じ取ることができます。圧倒的な物量で畳みかける、七夕の歌群は必見です。

1424「春の野にすみれ摘みにと来しわれそ 野をなつかしみ一夜寝にける」(山部赤人)
2016「ま日(け)長く恋ふる心ゆ秋風に 妹が音聞こゆ紐解き行かな」(作者不明)

→関連記事「七夕の歌で知る万葉集、古今和歌集、新古今和歌集の違い

■相聞(恋)歌:巻十一、十二
人間が心から歌うとき、そこには恋があります。万葉集の相聞歌をみると心底そう思います。ここに示された「寄物陳思」「正述心緒」という分類には、当時から歌の本質論があったことを思わせます。

2798「伊勢の海人の朝な夕なにかづくといふ 鰒の貝の片思にして」(寄物陳思、作者不明)

■臣民の歌:巻十三、十四、十五、十六
東人や乞食の歌など、これぞ万葉集というべき雑多な歌が揃っています。これらの巻がなければ、万葉集は今の評価をされていなかったでしょうし、俳諧を旨とする現代短歌・俳句は生まれていなかったかもしれません。
ちなみに正岡子規は「萬葉を讀む者は第十六卷を讀むことを忘るべからず」(萬葉集卷十六)と評しています。

3929「ひしほす(醤酢)にひる(蒜)つきかてて鯛ねがふ われにな見えそ水葱のあつもの」(長意吉麻呂)

■大伴家持独壇場:巻十七、十八、十九、二十
万葉集の巻十七以降は大伴家持の歌が続きます。その集歌数はゆうに450首以上を超えるでしょう。家持の歌は万葉らしい空気を感じさせながら、千載や新古今なみの余情を静かに感じさせます。万葉歌のひとつの到達点といえるでしょう。

4291「我が屋戸のいささ群むら竹ふく風の 音のかそけきこの夕へかも」(大伴家持)
4292「うらうらに照れる春日にひばりあがり 心悲しもひとりし思へば」(大伴家持)

→関連記事「大伴家持 ~流れるままに。家持たぬ家持の万葉オシャンティー~

後世の解釈

いまでこそ日本最古の歌集として評価が高い万葉集ですが、明治より前はそれほどのものではありませんでした。
古今和歌集。これこそが日本文化の伝統であり源泉として圧倒的だったのです。古今集で歌われた世界が、後の勅撰集はもちろん物語、書画、能や茶といった芸能まで、すべからく影響を与え続けていたのです。

→関連記事「日本文化のバイブル、古今和歌集とは何か

これをコペルニクス的転回というように一変させたのが、正岡子規ら明治の歌人たちです。

「仰おおせの如ごとく近来和歌は一向に振ひ不申もうさず候。正直に申し候へば万葉以来実朝さねとも以来一向に振ひ不申候」
(歌よみに与ふる書)

以後詩歌の本体は万葉集のなかでも写生的な歌に求められるようになりました。現代の短歌の本流ももちろんこれに倣っています。
かくして花鳥風月に託して余情に美を得るような文化活動はほとんんど失せてしまいました。

ところで中古の歌人たちは、いったい万葉集をどう評価していたのでしょうか?
藤原定家は歌論にこう記しています。

「万葉集は、げに代もあがり、人の心もさえて、今の世には学ぶとも、更に及ぶべからず。殊に初心の時、おのづから古体を好むこと、あるべからず。たゞし、稽古年重なり、風骨、姿、風采、、歌風、詠み定まる後は、また、万葉の様を存ぜざらむ好士は、無下の事とぞ覚え侍る。稽古の後詠むべきにとりても、心あるべきにや」
(毎月抄)

高く評価しつつも、古いために言葉や読み方が違うため、特に初学者などは好むべきでない。しかし熟練者はこの限りではないと言っています。当時からしてすでに、万葉集とは現代とかけ離れた古典中の古典であったわけですね。

さて万葉集と古今集。近代以降、なにかと対立して論じられがちなこの二つですが、日本文化を正しくそして深く! 鑑賞・批評するのであれば「両方とも親しむ」これが正解であることは言うまでもありません。

おまけ(八代集とのつながり)

この万葉集と古今集ですが、その成立にはおよそ150年の開きがあります。その間に何があったかというと、空前の漢文化(漢詩)ブームが巻き起こっていたのでした。勅撰の漢詩集はなんと三つも編纂(凌雲集、文華秀麗集、経国集)されたほどです。
しかし政治文化の手本たる唐は衰退著しく、九世紀には遣唐使などほとんど送られなくなります(廃止は894年)。内に目を向けると、藤原氏による摂関政治が起こり後宮の文化が醸成されつつありました。ここでいよいよ、伝統的な大和歌である和歌が一躍文化のメインストリームに戻る好機が訪れたのです。

当初、日本最初の勅撰和歌集は「続万葉集」という名前であったといいます(古今集の試行として行われた「寛平御時后宮歌合」の歌は、編まれて「新撰万葉集」と付けられました)。ですから万葉集と古今集は、ひとつの連続した作品とも考えられそうではありますが、実はほとんどそうではありません。
たしかに万葉集の巻八、十の四季歌などを見ると古今集とのつながりを感じられますが、これは一種の漢詩趣味で共通しているのです。なぜなら古今集には、驚くべきことに万葉歌人はまったく採られていません。もしかしたら「よみ人知らず」に含まれているのかもしれませんが、名前が確実に残るのは六歌仙からなのです。

つまり古今和歌集とは、和歌をまっさらな状態からリスタートさせた歌集といえるのです。
万葉歌人、なかでも山部赤人や大伴家持などは詩歌の高みに到達しました。しかしなぜ、それを切り捨てて初めからやり直したのか? それはある発明が影響していると思います。それは「ひらがな」です。

漢文化が跋扈するなか、大和人はそれに満足せず、言葉や文字をより自分たち好みに変化させていきました。その結実が「大和言葉」であり「ひらがな」であったのです。古今集の歌は間違いなく、表音文字であるひらがなで、かつそれを書き留めることを前提として詠まれています。でなければ同音異義の掛詞や巧緻なパズルたる序詞がこれほど多用されるはずがありません。※ゆえに古今集は「技巧的」という枕がつきます
ようするに古今和歌集とは、はじめて大和人のアイデンティティを文化で示さんと力んで編まれた戦略的で革新的な歌集だったのです。

このリスタートには危うさもありました。言葉巧みで理知的な古今歌は、詩情という感動をなくしてしまったのです。赤人や家持が到達した余情美を古今集は失ってしまいました。しかし、和歌の歴史は続きます。後撰、拾遺と続き千載そして新古今に至ると、歌人たちは歌のまことの価値に気づきます、それが余情美です。そして新古今歌人は万葉のそれを上回る余情美を得ることに成功しました。いわば新古今和歌集とは、かつての歌の課題全てが止揚して成った美の極致であったのです。
ところで思い出してみてください、百人一首に採られた赤人と家持の歌、これらはいずれも新古今集の蒐集歌です。私たちは定家からのこのメッセージをしっかり受け取らなければなりません。

「令和」の時代。薄っぺらな万葉集ブームで終わるのはもったいない。
ここは万葉、古今そして新古今! 和歌の世界を行きつ戻りつ、ぜひ深く楽しんでみましょう。

(書き手:和歌DJうっちー)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、長月)9/22(日)9:50~11:50