/「七夕の歌」で知る万葉集、古今和歌集、新古今和歌集の違い

「七夕の歌」で知る万葉集、古今和歌集、新古今和歌集の違い

23db65e49c21d8ea6177d8fa8220cb7e_s
ハロウィン、クリスマスと、西洋イベントに押され気味の日本の伝統行事ですが、こと「七夕」だけは、奈良時代から今に至るまで根強い人気があります。

七夕に関する歌は最古の歌集「万葉集」においてすでにみられ、古今、新古今そして現代へと連綿と歌い継がれてきました。
面白いのは、時代が下るにつれて七夕の歌が変化、いや進化しているのです。
そこには七夕の捉え方はもちろん、和歌に対する美意識の変化が見て取れます。

今回は「万葉集」「古今和歌集」「新古今和歌集」の七夕の歌を鑑賞して、歌と美意識の変化を楽しんでみましょう。

まずは「万葉集」です。
万葉集は謎の多く残る歌集です。編纂を命じた人物も分かっておらず、天皇勅撰説や大伴家持の私選説もあったりします。
集歌数はおよそ4500首! 時代は仁徳天皇(の皇后)から淳仁天皇まで、人は貴族から東人や防人など庶民まで。
まさに万(よろず)の歌が収められた歌集です。

その歌風はよく「素朴」の一言で語られたりしますが、万葉集の後期には繊細優美な歌も沢山あります。
ただそれはいわゆる「和風」ではなく、中国文化の影響・憧れを強く感じさせるものです。

万2000「天の川 安の渡りに 舟浮けて 秋立つ待つと 妹に告げこそ」
船を浮かべて君を待っていると、彼女(織女)に伝えておくれ

万2007「ひさかたの 天つしるしと 水無し川 隔てて置きし 神代し恨めし」
水のない天の川で私たちを隔てるという神代の決まりが恨めしい

万2016「ま日(け)長く 恋ふる心ゆ 秋風に 妹が音聞こゆ 紐解き行かな」
長く待ちわびたが、秋風に乗ってついて織女の声が聞こえたぜ~。さあ、紐をほどいてで行くぜ!

万2022「相見らく 飽き足らねども いなのめの 明けさりにけり 舟出せむ妻」
もっと長く逢っていたいけれども夜が明けてしまった。もう帰らなければならん(涙…

このように、中国伝来の七夕伝説のストーリーを忠実に、牽牛、織女になりきって詠んだ歌が多いです。
そして我(男)は妹(女)にまっすぐな恋心を表しています。前回お話しした「益荒男ぶり」ですね。
→関連記事「ザ・ビートルズで知る万葉集、古今和歌集、新古今和歌集の違い

注目は万2016「紐解き行かな」です。紐を解くつまり、服を脱いで素っ裸で行っちゃるぜ! ってな感じでしょうか。
このような露骨な表現は、古今和歌集などには決してみられません。

ちなみに万葉集の第10巻秋雑歌は全242首あり、そのなんと98首が七夕の歌です。
七夕伝説への関心が異様に高かったことが伺えます。

次は「古今和歌集」。
醍醐天皇によって905年に編纂されました。
このサイトで色々説明していますので、よろしければ詳細は以下をご覧ください。
→関連記事「古今和歌集とは

173「秋風の 吹きにし日より 久方の 天の河原に たたぬ日はなし」(よみ人しらず)
立秋の日から、天の川に風が立たない日はない

177「天の川 浅瀬しら浪 たどりつつ 渡りはてねば あけぞしにける」(紀友則)
天の川の浅瀬を知らなかったので、渡ることが出来なかったら夜が明けちゃったよ~

181「今宵こむ 人にはあはじ 七夕の ひさしきほどに 待ちもこそすれ」(素性法師)
今夜来る人には逢わない、だって織女のように長く待つようになるのはやだからね

このように古今和歌集の時代になると七夕伝説は消化しきっていて、素直に詠むというより滑稽かつ機知(ウィット)に富んだ歌が主流になります。つまり「技巧的」であり「理知的」であるのです。
また173では「秋風」に半ば強引に「天の川」が歌われていますが、これは七夕の話より古今和歌集のルール(四季の配列の妙技)を優先した結果です。

ちなみに古今和歌集になると、秋上80首のうち七夕の歌は僅かに10首見えるのみです。
すでに中国文化への憧れは薄れていたのでしょう。

最後に「新古今和歌集」です。
新古今和歌集は後鳥羽院によって13世紀初頭に編纂されました。
時代は鎌倉時代ですが、平安文化が最後の大輪を咲かせた時代です。
→関連記事「後鳥羽院 ~お前のものは俺のもの、中世のジャイアン~

新316「袖ひぢて 我が手にむすぶ 水のおもに 天つ星合の 空をみるかな」(藤原長能)
私がすくった水に、天の二つの星が見えるよ

新321「眺がむれば 衣手涼し ひさかたの 天の河原の 秋の夕暮れ」(式子内親王)
眺めていると服の袖が涼しい、天の川の秋の夕暮れよ

新327「七夕は 今や分かるる 天の川は 川霧たちて 千鳥なくなり」(紀貫之)
七夕の星は今別れるのだろうか? 天の川に霧が立って千鳥が鳴いている

さすが新古今! 美しい余情歌が揃っています。
そこに牽牛や織女の姿は全く見えませんが、本歌や天の川、七夕という言葉から想起するイメージを背景に、現実を超越した幻想的な情景を描いています。新古今和歌集が「絵画的」といわれるゆえんです。
→関連記事「定家vsマラルメ 世紀を超えた対決! 象徴歌の魅力に迫る

ちなみに新327の作者である紀貫之はもちろん古今和歌集時代の歌人ですが、新古今和歌集に採られる際には、新古今風の歌風が採られています。

いかがでしょう。
数首だけでも三大集のスタイルが全く違うことが分かり頂けたと思います。
ただこれはあくまでも一つの傾向に過ぎません。
それぞれの歌集がまだまだ色んな魅力を持っています。

さて、時は今! 現代に生きるあなただったら、どんな七夕を歌いますか?
想いをめぐらせて、今宵の天の川を眺めてみましょう。(って、都会じゃ見えないんだよな~、あのキラキラ…)
→関連記事「天の川だけじゃない、恋歌に詠まれる「川」特集!

(書き手:和歌DJうっちー)


歌会・和歌教室、和歌bar
 
歌会・和歌教室、和歌bar

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪


 
ラジオ和歌マニア

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる!「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。