Shouldn't we regret where we're going and look forward to the future rather than the spring tomorrow? (Bonkochi Mitsune)

多くの数寄者にとって、春の暮れは年の暮れより重みがあったのだろう。今日の歌をみてもまたそれを強く信じる。『今までその行方を惜しんだ春、明日になれば昔の思い出となってしまうだろう』。解釈の余地はいくらもありそうだが、私には春の境が生死の境となるような鎮痛の思いをこの一首に感じる。私は詠み人は凡河内躬恒、美しきレトリックの名手も春尽きる弥生のつごもり(晦日)には正述心緒、ただ心のまま思ひを述べることしかできない。

(One poem that turns every day)

Learn the basics of waka poetry and try reciting it!

We are holding a "Utajuku" with the goal of learning from representative classical works and being able to compose traditional "Waka" on an individual basis!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて販売中)

en_USEnglish