【和歌マニア(第77回)】百人一首に採られなかったすごい歌人! 男性編(山上憶良、花山天皇、源頼政)

みんなが知ってる百人一首、歴々の素晴らしい歌人が採られていますね。でも知っておきたい偉大な歌人は他にもまだまだいるのです。今回はその男性編として、山上憶良、花山天皇、源頼政をご紹介しましょう。

♪放送で紹介した歌
「憶良らは 今は罷まからむ 子泣くらむ それその母も 我わを待つらむぞ」(山上憶良)
「世の中を 憂しと恥(やさ)しと 思へども 飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば」(山上憶良)
「こころみに ほかの月をも 見てしがな 我が宿からの あはれなるかと」(花山天皇)
「思へども いはでしのぶの 摺衣 心の中に みだれぬるかな」(源頼政)
「庭の面は まだかわかぬに 夕立の 空さりげなく すめる月かな」(源頼政)
「埋木の 花咲く事も なかりしに 身のなる果は あはれなりける」(源頼政)

→「わくわく和歌ワークショップ(葉月の会)」8/25(日)9:50~11:50