古今和歌集 恋歌残酷物語 その17「恋の弓ひく」

古今和歌集 恋二【605】「手もふれて月日へにけるしらま弓 おきふしよるはいこそねられね」(貫之)
古今和歌集 恋二【610】「梓弓ひけは本末わか方に よるこそまされこひの心は」(列樹)

—————-
梓弓(あずまゆみ)

思いを寄せる

今夜もひとり

白真弓(しらまゆみ)

心を射抜き

共寝できたら

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_4324