Lesson.5-3 書で日常を飾る

リビングに合う紙やフレームで遊ぶ

「書は古くさいもの」だから、現代のインテリアにはなりえない、と思っていませんか? 
確かに、和紙に墨で書いた書作品を飾るとしたら和室しか似合わないかもしれません。しかし、かなグラフィーには紙、色、フレームなどに一斉の制約はありません。
お気に入りの便せんや万年筆を使って、もっと自由に、もっとモダンに書を楽しむのがかなグラフィーです。その作品は、日常の風景に馴染む、路傍の花となるはず。これぞかなグラフィーの真骨頂です!

(書き手:和歌DJうっちー)
「かなグラフィー」Lesson一覧


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->