部屋を彩るかな「花橘」


139「五月まつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする」(よみ人しらず)

あの人を思い出す、初夏の香り。
かなグラフィーで部屋に四季のいろどりを添える。

(書き手:和歌DJうっちー)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->