既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ 完結「恋というもの」

828「流れては 妹背の山の なかに落つる 吉野の河の よしや世中」(よみ人しらす)
—————-
振り返れば

涙とともに

流れ流れて生きてきた

でも

すべてよしとしよう

これが恋

いや

これが人生というものなのだ

恋歌、堂々とここに完結!!!

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_5622


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->