古今和歌集 恋歌残酷物語 完結「恋というもの」

828「流れては 妹背の山の なかに落つる 吉野の河の よしや世中」(よみ人しらす)
—————-
振り返れば

涙とともに

流れ流れて生きてきた

でも

すべてよしとしよう

これが恋

いや

これが人生というものなのだ

恋歌、堂々とここに完結!!!

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_5622