既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ その6「たゆたう舟」

古今和歌集 恋一【508】「いで我を人なとがめそおほ舟の ゆたのたゆたに物思ふころそ」(よみ人しらす)

—————-
物思いの日は続く。
相手構わず恋をしていた頃が嘘のようだ。
打ち明けられない恋とは、かくも辛いものだとは知らなかった。

海へ行こう。
あの大海に包まれれば、少しは気が休まるかもしれない。
さしずめ私は頼りなく漂う一艘の船。ゆらゆらと行方も分からずただ彷徨うだけ。
そんな私を、どうか咎めないでほしい。
この恋を自由に往来できる梶さえあれば、正気に戻るのだから。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_3635


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->