既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ その34「花と恋」

795「世中の 人の心は 花そめの うつろひやすき 色にそありける」(よみ人しらす)
796「心こそ うたてにくけれ そめさらは うつろふ事も をしからましや」(よみ人しらす)
797「色見えて うつろふ物は 世中の 人の心の 花にそ有りける(小野小町)

—————-
恋を失って分かったことがある

人の心は花染の色のように

移ろいやすいものだということ

それでいて花の様には色が見えない

だから思い悩むのだ

そしてもう一つ

本当に憎むべきは

心変わりしたあの人ではなく

恋に染まってしまった私自身ということ

恋などしなければよかった

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_5601


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->