既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ その16「純心」

古今和歌集 恋二【601】「風ふけは峰にわかるる白雲の たえてつれなき君か心か」(壬生忠峯)
古今和歌集 恋二【602】「月影にわか身をかふる物ならは つれなき人もあはれとや見む」(壬生忠峯)

—————-
峰に引き裂かれる、白雲の嘆き

思い描くことさえ、貪汚(たんお)の咎

ああ、天井の月影よ

その真澄な光があれば

この純潔が伝わるだろか

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_4274


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->