古今和歌集 恋歌残酷物語 その15「孤独」

古今和歌集 恋二【583】「秋の野にみたれてさける花の色の ちくさに物を思ふころかな」(紀貫之)
古今和歌集 恋二【584】「ひとりして物をおもへは秋の夜の いなはのそよといふ人のなき」(凡河内躬恒)
—————-
秋風が身にしみる

悶々とする気持ちはまるで、秋の野に乱れ咲く花々のようだ

しかし、こやつらはまだいい

すぐ傍に悲しみを分かちあえる友がいるのだから

私は孤独だ

慰め声を掛けてくれる友などいない

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_4167


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。