古今和歌集 恋歌残酷物語 その12「夢に祈る」

古今和歌集 恋二【552】「思ひつつぬれはや人の見えつらむ 夢と知りせは覚めさらましを」(小野小町)
古今和歌集 恋二【553】「うたたねに恋しきひとを見てしより 夢てふ物は思みそめてき」(小野小町)
古今和歌集 恋二【542】「いとせめてこひしき時はむは玉の よるの衣を返してそきる」(小野小町)

—————-
あの人に会えた。

それは夢のなかだったけれど、この手には温もりが残っている。

思いつつ寝れば、また会えるのだろか?

もしそうなら、永遠に夢から覚めなくてもいい。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_4037


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。