既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ その12「夢に祈る」

古今和歌集 恋二【552】「思ひつつぬれはや人の見えつらむ 夢と知りせは覚めさらましを」(小野小町)
古今和歌集 恋二【553】「うたたねに恋しきひとを見てしより 夢てふ物は思みそめてき」(小野小町)
古今和歌集 恋二【542】「いとせめてこひしき時はむは玉の よるの衣を返してそきる」(小野小町)

—————-
あの人に会えた。

それは夢のなかだったけれど、この手には温もりが残っている。

思いつつ寝れば、また会えるのだろか?

もしそうなら、永遠に夢から覚めなくてもいい。

(書き手:歌僧 内田圓学)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_4037

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年冬号(Amazonにて版販売中)

jaJapanese