古今和歌集 恋歌残酷物語 その11「恋の季節は巡りゆく」

古今和歌集 恋一【542】「春たてはきゆる氷ののこりなく 君か心は我にとけなむ」(よみ人しらす)
古今和歌集 恋一【545】「夕されはいととひかたきわかそてに 秋の露さへおきそはりつつ」(よみ人しらす)

—————-
あの人を垣間見た春から、季節はもう秋になった。

恋の物思いに耽っていると、四季の巡りが早く感じられる。

相変わらず夕方ともなると、涙で袖は濡れに濡れる。秋露が付いたのだろうか?

来年の春には氷が残りなく溶ける様に、あの人の心よ、どうか私に溶けてくれ。

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_3750

→「ろっこの和歌Bar(7月の夜会)」7/24(水)19:30~22:00