三夕の歌 ~秋の夕暮れベスト3~


秋の歌には心に沁みる名歌が多いと思いませんか?
個人的には童謡の「まっかな秋」や「紅葉」などを聞くと、幼少時の思い出も重なって強い哀愁に襲われます。
実はこれらの多くの秋の名歌にはある共通点があります。いずれも「秋の夕暮れ」の場面を歌っているということです。

「秋の夕暮れ」。
この場面に哀愁と美を感じてしまうのは、日本人のDNAに刷り込まれているかのようです。

この記事の音声配信「第五回 三夕の歌」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

和歌にも秋の夕暮れを歌った「三夕(さんせき)の歌」という名歌があります。
新古今和歌集に採られた三首で、いずれも三句目を「けり」で切り、五句目を「秋の夕暮れ」で結んでいるのが特徴です。

新361「さびしさは その色としも なかりけり 真木立つ山の 秋の夕暮れ」(寂蓮)
秋の寂しさってのは、その色とは関係ないんだなあぁ~ だって真木(常緑樹)の山の夕暮れもグッとくるもん。
寂連が言う「色」とは「紅葉の彩り」のことですね。秋の寂寥を誘うのは定番の紅葉ではなく、夕暮れそのものだ! という歌です。

新362「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ」(西行)
未熟な俺だけど、いいってのは分かるぜ…  鴫立つ沢の 秋の夕暮れよ。
秋の夕暮れの美しさは人間にすべからく与えられている、というありがたい歌です。
→関連記事「西行 ~出家はつらいよ、フーテンの歌人~

新363「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」(藤原定家)
見渡せば花も紅葉も、、、ない! 浦のボロ屋の秋の夕暮れだ。
在原行平の名歌※1や源氏物語※2に描かれる「須磨の浦」の情景を想起させる、侘しい秋の夕暮れです。
→関連記事「藤原定家 ~怒れる天才サラリーマン~

※1 源氏物語(第十二帖 須磨)
「須磨にはいとど心づくしの秋風に海はすこし遠けれど、行平中納言の関吹き越ゆると言ひけむ」

※2 在原行平の名歌
「わくらばに 訪ふ人あらば 須磨の浦に 藻塩たれつつ わぶとこたへよ」(在原行平)
「旅人は 袂涼しく なりにけり 関吹き越ゆる 須磨の浦風」(在原行平)
「いく度か おなじ寝覚めに なれぬらむ 苫屋にかかる 須磨の浦波」(在原行平)

いかがでしょう、名歌の素晴らしさを味わっていただけたでしょうか?

ん? そうでもない?
確かに新古今集には他にもたくさんの「秋の夕暮れ」が詠まれています。
新321「眺むれば 衣手涼し ひさかたの 天の河原の 秋の夕暮れ」(式子内親王)
新359「もの思はで かかる露やは 袖におく 眺めてけりな 秋の夕暮れ」(藤原良経)
新491「村雨の 露もまた干ぬ 真木の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮れ」(寂連)

しかし、いつからあの三首を切り出して、特別に「三夕」と言い出したのか? よく分かりません。でも、いいと言われるものには必ず理由がある、はず!
もう少し「三夕」を深掘りしてみましょう。

実は「三夕の歌」、ある点で革新的なのです。それは「類型化された秋の風景」を逸脱し、「独自の秋の美しさ」を見い出している点です。
かつて、秋の風景といえば「月」や「紅葉」そして「七草(萩、薄…)」などが定番であり歌に詠むべき叙景でした。ここに「夕暮れ」を詠んでいる時点で、「三夕」には新しさがあったのです。
→関連記事「見てはいけない! 本当の中秋の名月
→関連記事「紅葉を愛でるエトセトラ
→関連記事「歌って覚える秋の七草♪

ちなみに古今和歌集には「秋の夕暮れ」を詠んだ歌はほとんどありません。「秋の夕暮れ」に抱く寂寥と美の感情、これはいつ誕生したのでしょうね? それは「三夕」の歌人にヒントがあります。

西行に寂連、この二人は共に仏道を歩んだ歌人です。二人が生きた平安末期から鎌倉時代にかけて、仏教では末法思想が信じられていました。末法思想は仏教の歴史観で、1052年を末法元年として釈迦の教えが消滅した「法滅」の時代になり、世の中が乱れるという思想です。そしてその教えが正しいかのように、平安末期は「保元・平治の乱」、「治承・寿永の乱」といった大きな争いが起きました。

釈迦が消滅したのなら、別の仏にすがろうという機運が高まります。これが歴史の授業で学んだ「鎌倉新仏教」の起こりですね。その別の仏の代表が「阿弥陀如来」です。
阿弥陀如来は十億万仏土先の西方にいて、その地こそが極楽浄土とされました。西行の名にある「西」の文字も、この浄土を願ってのことなのでしょう。

万事が朽ち果てる無常なる秋、その遥か西方に沈む夕日に浄土を望む。この言葉にならぬ荘厳な美しさを、寂連は「真木立つ山」、西行は「鴫立つ沢」と合わせ、自分だけの秋として歌に留めたのです。

さて、「三夕」にはもう一つ革新的なヒミツが隠されています。それは歌の切れ字です。冒頭でご紹介したように、「三夕」は共通して三句目を「けり」で切り、五句目を「秋の夕暮れ」で結んでいます。つまり一首が一続きではなく、「上の句」と「下の句」で分断されているのです。

それでも寂連と西行の歌は「上の句」に感情が歌われており、「下の句」の叙景と深く関連していますが、問題は定家の歌です。
新363「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」(藤原定家)

気づかれた方もいると思いますが、定家の夕暮れには「さびしさ」とか「あはれ」と言った感情が詠まれていません。
ただ、彼が言いたいことは分かります。

「本来愛でるべき華やかなもの(花や紅葉)はないが、寂れた茅葺き小屋がポツンと佇む夕暮れの方が、かえって身に沁みる」
いわゆる「わび・さび」の美ってやつですね。
千利休の師匠でありわび茶を大成した「竹野紹鴎」は、この歌こそがわび茶の心であると評しました(「南方録」)。
→関連記事「和歌と茶の深〜い関係

しかし定家の歌には、そんな解釈を超えた何か言い表せない感情が呼び起こされませんか? これは素直に関連しない「上の句」と「下の句」が屈折して重なることで、予期せぬ感情のうねりがよびさまされているためです。
和歌ではこれを「余情」といいます。

しかもこの歌では上の句で「花紅葉」がない! と強烈に否定することで、かえって「浦のボロ屋」にその残像が強く重なる結果となり、詫びつつも美しいという言説に表せない夕暮れを描いています。す、すげぇ、、、

定家はこの重なりの効果を明確に認識し、歌を精緻な芸術とした最初の人です。古典を下敷きにして、句と句を化学反応させ現実を超越した映像の余情美をつくりだす。彼の歌が難解(新儀非拠達磨歌)と評されるゆえんです。
※これは後に長句(上句)と短句(下句)の付け合い遊び「連歌」や「俳句」の配合に結実しました
→関連記事「定家vsマラルメ 世紀を超えた対決! 象徴歌の魅力に迫る

「三夕」の素晴らしさ、味わっていただけたでしょうか?

ん? ややこしい話はいらない?
なるほど、おっしゃるとおりです。

鴨長明はこう言っています。

「秋の夕暮の空の景色は、色もなく、声もなし。いづくにいかなる趣あるべしとも思えねど、すずろに涙のこぼるるがごとし。これを、心なき者は、さらにいみじと思はず、ただ眼に見ゆる花・紅葉をぞめではべる。」
無名抄

何だか分かんないけどジーンとくる。
秋の夕暮れの美しさは、そんな美しさですもんね。

(書き手:和歌DJうっちー)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、長月)9/22(日)9:50~11:50