「妄想女子の恋歌日記」~恋飽きられる11月の巻~

●11月某日
学校からの帰り道。

家の近くのあぜ道なら誰にも見られないって、
初めて手をつないだ夏の日。
ずっとずっと、一緒にいられると思ってた。

秋風が吹き付ける。
あぜ道を行くのは私一人。

田の実と、彼を頼みにしていた私に
秋風が冷たく冷たく吹き付ける

あ~あ、
やっぱり一人になっちゃった。

822 「秋風に あふたのみこそ 悲しけれ わが身むなしく なりぬと思へば」(小野小町)

●11月某日
足元に目をやると
葛の葉が風になびいている。

冷たい秋の風は、
その葉を吹き返して裏を見せている

それを見るたび、
恋の恨みも募ってくる

わたし悪くなかったよね?
彼を恨んだっていいよね?

823 「秋風の 吹きうらかへす 葛の葉の 裏見てもなほ 恨めしきかな」(平貞文)

●11月某日
裏切ったのは彼
でも… まだどこかで信じられない

確かに女にモテて、調子いいトコもあったけど
ウソをついたりする人じゃなかった

秋風はますます強く吹き付ける。
武蔵野の草葉はあたり一面、秋の色に変わってしまった。

彼の心も私に飽きて、
すっかり変っちゃったんだろうね。

821 「秋風の 吹きと吹きぬる 武蔵野は なべて草葉の 色かはりけり」(よみ人しらず)

つづく…
(書き手:和歌DJうっちー)

「妄想女子の恋歌日記」一覧