さびしさはその色としもなかりけり真木立つ山の秋の夕暮れ(寂蓮)

今日は旧暦の9月3日
よみ人:寂蓮 、所収:新古今和歌集

『寂しさってのは、その色とは無縁であった。真木立つ山の秋の夕暮れよ』。言わずもがな、三夕(さんせき)の誉れ高い寂蓮の一首である。秋の夕日に照る山紅葉は深い情趣を誘う、しかし心の琴線に触れていたのは色ではなく「夕暮れ」そのものであったのだ。寂蓮は真木(杉や檜など常緑樹)が群生する闇深い山でこの真実を発見した。寂蓮の夕暮れは、他の三夕どれよりも真に迫ってくる。西行、定家というビッグネームに埋もれがちだが、夕暮れという情景にもっとも感慨を寄せているのは寂蓮※であるし、この一首がなくては三夕というえり抜きに至らなかったであろう。日本人に秋の夕暮れを決定づけた、金字塔たる一種である。

※「村雨の露もまだひぬ真木の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮れ」(寂連)

(日めくりめく一首)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50