【和歌マニア(第38回)】百人一首を本気で楽しむ。その2「失意に乱れる純血の貴公子(第11~20番)」

「陽成院」とその子「元良親王」、「在原行平」と「業平」兄弟。由緒ある血を受け継ぎながら不遇を生きた貴公子達。彼らはその失意を恋で満たすのだ! 今回は百人一首の分類の話と、11~20番の面白エピソードをご紹介します!

♪放送で紹介した和歌
12「あまつ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ 乙女のすがた しばしとゞめん」
13「つくばねの 峰より落つる みなの川 こひぞつもりて 淵となりぬる」
20「わびぬれば 今はた同じ 難波なる 身をつくしても あはむとぞ思ふ」

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、長月)9/22(日)9:50~11:50