/歌会、和歌教室

歌会、和歌教室


平成和歌所では、誰でも楽しめる「和歌教室」&「歌会(連歌会)」を開催しています。
和歌ならではの修辞法から四季の感じ方を学び、自分オリジナルの詠歌をしてみましょう。
あなたが目指すのは貫之、定家それとも西行?
平安歌人になりきって、一緒に風雅の誠を探求しましょう♪

「はじめての古今伝授と茶寄せ連歌会」(歌始めの巻)

「古今伝授と茶寄せ連歌会」は、数寄者が存分に楽しめる日本で唯一無二の座興です。
日本文化ツウも初心者も誰でもが楽しめる、カジュアルでありながら本格的な日本文化の遊び場です。

会の前半では、和歌に関するルールを学びます。いわば現代の「古今伝授」です!
古今和歌集をテキストに、四季折々の代表歌や歌ことば、さらには修辞法や文法の要点をしっかり身につけていただき、歌づくりに役立ててもらいます。

(年間予定)

→「和歌の春夏秋冬コラム
→「和歌の入門教室

会の後半では、いよいよ詠歌にチャレンジします。
ただいきなり「短歌(三十一文字)」を詠むのは難易度が高い…
とうことで、本会では参加のみなさまで「連歌」を楽しみます。

連歌とは和歌の上句と下句を多人数で付け合う遊び。
連歌には古来、細かく定められた式目(ルール)がありますが、本連歌会ではダイナミックにアレンジを加えました。
その名も「絶句連歌(ぜっくれんが)」!

連歌は歌仙式(36句)が一般的ですが、これを巻き終わるにはだいたい半日は掛かります。本会の所要2時間程度ではとても間に合いません。
そこで絶句連歌です。
絶句とは漢詩の形式で「起」「承」「転」「結」の四句からなる詩形ですが、
これは連歌が「発句」から起こり「脇」が添い「第三」で転じるという型に見事に通じます。
そして四句目で「結」つまり連歌で「挙句」をもって四句完結するという大胆かつ新しい形式が「絶句連歌」なのです。
基本的な付け方、転じ方は連歌の心そのままに、気軽に楽しめるのが絶句連歌です。

連歌を巻く直前には、私から心ばかりの「お茶」を振る舞わせていただきます。
このお茶をサインに座の文芸に集中しましょう。これはいわば「没入の茶」です。
※どんなお茶が出てくるかは、その時のお楽しみ!

一期一会の連中と巻いた連歌は、一巻き一巻きが無二の文芸です。
さあみなさん、数寄者の歌遊びを存分に楽しみましょう。

■絶句連歌式目
・四句(発句、脇、第三、挙句)一巻とする
・四句は起承転結の構成とする
・発句で季語を詠んだ場合、第三以外は同季とする
・定座アリとした場合、発句以外で花、月を詠む
・同字は三句去りとする
・送りはクジによる順送りとする
・付け筋は和歌(八代集)や代表的古典文学(伊勢・源氏物語など)からの引用を旨とする
・できるだけ雅語および文語体(古語)で詠む
・止字はゆるやかに守る(発句切れ字、脇体言止め、第三にてらん)
※実際やってみると難しくありませんのでご安心ください!
※時間と内容が凝縮されたエキサイティング感が絶句連歌の醍醐味です

→「写真歌会あさぎいろ
講師・捌手(内田)の詠歌

「はじめての古今伝授と茶飲み連歌会」実施内容

●古今伝授:「賀」 ※その他(和歌の修辞法、和歌の文法、古典文学ミニ鑑賞「伊勢物語」)
●絶句連歌:「新年」※歌会始め

〇開催日:1/28(日)10:00~12:10 ※毎月第3or4日曜に開催
 ※申込締切:1/24
〇初回体験費:2,000円(税込)
〇参加費(1回):3,000円(税込)
〇開催場所:東京メトロ銀座駅徒歩5分 ※お申込み頂き次第、会場の詳細を返信いたします

【連歌会の様子】
舞踊、能、茶、香、短歌、古武術、菓子…
多様な日本文化の手練れにお集まり頂いているのが「茶飲み連歌会」の魅力です。
→「平成29年 秋の大文化祭☆開催レポート

↓↓お申込み、ご質問は以下フォームからお願いします。↓↓


お申込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の歌会 (必須)
はじめての古今伝授と茶飲み連歌会

ご質問等