見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ(藤原定家)

今日は旧暦の9月5日
よみ人:藤原定家 、所収:新古今和歌集

三夕のトリは定家の夕暮れである。おそらく三首のうちでもっとも知られているのがこれだ。言葉だけを追えば『何もない粗末な風景の方が情趣がある』といういわゆる「わび・さび」の表明であり、この「あるがままの美」がわび茶の方面で多大に喧伝されたのだが、その実定家の歌は極めてテクニカルだ。上句で『見渡せば花も紅葉も…』と言いかけて『なかりけり』と結ぶ。するとどうだろう、下句の本来寂れた情景に花紅葉が残像となって重層し、見たこともない夕暮れを表象する。この歌はシュルレアリスムなのだ。いかにこれを意識的に行ったか、寂連・西行にあった感情を排除し、風景を徹底的にモノ化していることでも分かる。さすが早熟の天才! と称えるべき点もあるが、実のところ若干二十五歳の定家はテクニックに頼るほかなかった。

(日めくりめく一首)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50