源氏の恋文「焦燥のブルー」


ご機嫌いかがですか

「あさぢふの 露のやどりに 君ををきて よもの嵐ぞ 静心なき」

妙なうわさなどに惑わされていたりはしませんか

どうか私の言葉だけを信じてください

会いにいきます

それまで心を強くもってください

(源氏)


兄のように、父のように
言葉の上ではおおらかに振る舞う源氏。

しかし心中は穏やかではない。
様々な外聞に邪推されぬように、
この紫のゆかりを確実に手せねばならぬのだ!
源氏らしからぬ文字色に焦りがみえる。

(書き手:歌僧 内田圓学)

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年春号(Amazonにて販売中)