源氏の恋文「乱れる女」

あなたはひどい人

一人私を置き去りにして、遠いかの地へ逃げるのですね

私との逢瀬はしょせんうたかた、結局かわいいのは自分

「涙川
浮かぶみなはも
消えぬべし
流れてのちの
瀬をも待たずて」

はやくこの辛い憂世から消えてしまいたい

もうあなたとお会いすることもないでしょう

さようなら

(朧月夜)



女は本気だったのだ、この禁断の恋

優美な朧月は見る影もない

泣き乱れ書いた手紙がそれを語る

一方の源氏

弁解の余地はない

しかし悔やむより先に、女の乱れ書に酔いしれる

この期に及んでも最後に一目逢いたいと思う

源氏の闇は深い

(書手:和歌DJうっちー)