夏を書く「天香久山」

この歌は万葉集にのる持統天皇の歌なり。今日の日にふさわしく思へば書きつけるなり。

「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天香具山」 (持統天皇)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!