既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~ その24「後顧の憂い」

661「紅の色にはいてしかくれぬの 下にかよひて恋はしぬとも」(友則)
663「笹の葉におくはつ霜の夜をさむみ しみはつくとも色にいてめや」(躬恒)
667「下にのみ恋ふれはくるし玉のをの 絶えてみたれむ人なとかめそ」(友則)

—————-
人に知られてはいないか?
そう思うと、背筋が凍る

とにかく今は、あの逢瀬をなかったことにするしかない

紅の色のように
厳冬の朝、笹の葉に置く初霜の様に
決して、顔色になぞ出してはならない

忘れよう
忘れよう

ただそう思うほど、愛しさがこみ上げる

なんという苦しさだろう

いっそのこと、玉の緒が切れるように乱れてしまいたい
誰の咎めも受けずに

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「既視源氏物語 ~古今集恋歌の光る君~(総集編)
IMG_4922


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->