古今和歌集 恋歌残酷物語 その19「逢いたい」

626 「逢ふ事のなきさにしよる浪なれは うらみてのみそ立帰りける」(在原元方)
632 「人しれぬわかかよひちの関守は 宵よひことにうちもねななむ」(業平)

—————-
真夏の夜の暑さがそうさせたのか

ついに私は行動を起こす

あの人を奪うため

逢えるまでは何度も通ってやる

そう、渚による波のように何度でも何度でも

だからどうか、あの人の関守よ

この恋路を邪魔しないでくれ

もう後戻りできないのだ

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_4343