令和元年秋 時代不同歌合

「令和元年秋 時代不同歌合」は左方に貫之ら古今和歌集歌人を、右方に和歌DJうっちーを配し、秋期題詠を番えた全十二番の紙上歌合。詞花を目的として編まれたので、勝負の判定はされていない。

※「令和元年 秋の和歌文化祭」にて披露する目的があったため、タイトルに「松聲閣古今秋心歌合」と記されている

※構成は以下の通り。一番「風」、二番「七夕」、三番「月」、四番「萩」、五番「女郎花」、六番「雁」、七番「鹿」、八番「時雨」、九番「夕暮」、十番「菊」、十一番「紅葉」、十二番「九月尽」


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。