薄く濃く垣穂に匂ふ撫子の花の色にぞ露もおきける(花山院)

よみ人:花山院 、所収:詞花和歌集

薄く濃く※、とは“若草の宮内卿”の異名を持つ後鳥羽院宮内卿の専売かと思ったが、とっくに先駆者がいた、花山院である。『薄く濃く斑にただよう撫子の匂い。その花には露が置いて』。可憐に綻ぶ花を匂いで捉えて、優雅なワンカットに仕上げる、流石の腕前だ。知られるように撫子は、見た目の愛らしさから「撫でし子(娘)」とその名が付いた、色好みで通る花山院には抜群のモチーフである。ならばこの歌、もう少し深読みできそうだ。花の上に置いた露、もしやこれは自分自信ではなかろうか? ようするにお気に入りの女がいて、それに露ならぬ唾を付けた、今でいうキープしたという解釈だ。う~ん、一気に興が醒めてしまった。

※「薄く濃き野辺のみどりの若草に跡まで見ゆる雪のむら消え」(宮内卿)

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。