朝な朝な露おもげなる萩が枝に心をさへも掛けてみるかな(周防内侍)

よみ人:隆源 、所収:詞花和歌集

今日の歌にも詠まれているが、秋といえばあらゆるものに置くのが「露」だ。ところで主題が変わったことに気づいただろうか? 昨日までは「荻」で今日のは「萩」だ。「くさかんむり」の下が前者は「けものへん」、後者は「のぎへん」であるが、かなり紛らわしい。こんな時、和歌の約束事が役に立つ。大抵の場合風に吹かれるのが「荻」で、露に弛むのが「萩」になる。今日の歌などもその典型だ、『毎朝、露が置いて重そうな萩の枝に、我が心までも掛けてみようか』。掛ける心とはむろん恋心、露など比べ物にならぬ思いを垂れ下げてみれば、その枝など容易に折れてしまうだろう。一見心に余裕のある歌にも聞こえるが、その実萩の枝にさえすがろうというのだからいじらしい。


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。