くるとあくとめかれぬものを梅花いつの人まにうつろひぬらむ(紀貫之)

よみ人:紀貫之 、所収:古今和歌集

四季はうつろふ。咲いた花は散る、当然のことわりである。でも、いやだからこそ花を惜しむ心はいっそう燃えるのだ。暮れても明けても、目を離さず見ていた梅の花。作者は鑑賞ではなく監視の域に達しているようだ…、にもかかわらず! 花はいつの間にか散りはじめた。痛烈な落胆の様が目に浮かぶ。梅の花は特別だ。冬、わびしい無色の季節を耐えに耐え、ようやく出会えた花なのだから。それが断りもなく、そそくさと散ってゆくのである。次に会えるのは一年後。このつれなき無常との対峙が、人に歌を詠ませる。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。