うばたまのこの夜な明けそしばしばもまたふる年の内ぞと思はむ(源実朝)

いよいよ年が明ける、待ち望んだ春は目の前だ。しかしである、人間の思考はそう単純でないらしい。綻ばんばかりの花を目の前にして、一度伸ばした手を引っ込めてしまう。『この夜よどうか明けないでくれ! 僅かでもいい、永遠の別れとなるこの年に浸っていたいから』。なにをためらうのか、なにを恐れるのか? 今日も詠み人は源実朝、宇治川のように年月は疾く疾くと流れる。その感慨も束の間、暮れゆく今宵は漆黒の闇に覆われはじめた。

(日めくりめく一首)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->