うばたまのこの夜な明けそしばしばもまたふる年の内ぞと思はむ(源実朝)

よみ人:源実朝 、所収:玉葉和歌集

いよいよ年が明ける、待ち望んだ春は目の前だ。しかしである、人間の思考はそう単純でないらしい。綻ばんばかりの花を目の前にして、一度伸ばした手を引っ込めてしまう。『この夜よどうか明けないでくれ! 僅かでもいい、永遠の別れとなるこの年に浸っていたいから』。なにをためらうのか、なにを恐れるのか? 今日も詠み人は源実朝、宇治川のように年月は疾く疾くと流れる。その感慨も束の間、暮れゆく今宵は漆黒の闇に覆われはじめた。

(日めくりめく一首)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。