いつしかと冬の景色にたつた川紅葉閉ぢませ薄氷せり(藤原俊成)

『いつの間にかすっかり冬景色になった竜田川、散り落ちた紅葉を閉じ込めて薄く氷が張っている』、「たつた」に冬が「立つ」と「竜田川」を掛け、技巧と趣向が絶妙にバランスした見事な一首、現代人が受ける共感は古今そして新古今をも上回るであろう、玉葉集はもっと知られるべきだ。
さて、秋の名残の紅葉は散り果ててまわりはすっかり冬模様、和歌の冬もいよいよこれからが本番だ。

(日めくりめく一首)

和歌の型(基礎)を学び、詠んでみよう!

代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

季刊誌「和歌文芸」
令和六年春号(Amazonにて販売中)