あたらしき年のはじめにかくしこそ千歳をかねてたのしきをつめ(よみ人知らず)

よみ人:よみ人知らず 、所収:古今和歌集

古今集蒐集の大歌所御歌、詞書きにある「おほなほびのうた」とは大直毘神という禍いや穢れを治す神さまで、お正月にピッタリの目出たい歌である。内容はいたってシンプルで「千歳」なんて気の利いたことばさえ知っていれば誰でも詠めそうだ。ちなみに「たのしき」には「楽しき」と「木」が掛かっている、だから「つむ(積む)」なのだ。積み木遊びなんかも想像され、たいそう微笑ましい。その実内容より歌謡として評価されたのであろう、声にだしてみると「カ行」のアクセントが歯切れよく、晴れやかで心地よい。

「日めくりめく一首」


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。