和歌(V系恋歌)「長雨の ふるえる身体 包まなむ 過ぎさりし日と 記憶の薔薇に」

「ながあめの ふるえるからだ つつまなむ すぎさりしひと きおくのばらに」(和歌DJうっちー) V系に欠かせない花、それはやはり「薔薇」。 その妖艶な色と香が愛しい人の記憶を優しく包む。 それは古今和歌集の「梅」のよう。...

和歌(習志野)「あかねさす 習志野の浜 千鳥なく ゆくへもしらぬ あとをととめて」

「あかねさす ならしののはま ちとりなく ゆくへもしらぬ あとをととめて」(和歌DJうっちー) 歌意:「あかねさす」は枕詞。習志野に掛かる枕にしたいという企ててです。 本歌:古今和歌集996「わすられむ時しのへとそ浜千鳥...

和歌(奥出雲)「霞たち このめもはるの 光さし 軒にしだれる 花そかかやく」

「かすみたち このめもはるの ひかりさし のきにしだれる はなそかかやく」(和歌DJうっちー) 歌意:立春の頃、暖かくなり始めた日が差し込こむと、軒の氷柱が輝きながら少しずつ溶けていくのであった。 本歌:霞たちこのめもは...