山鳥の 声だにもせぬ 独り寝は 置ける身もなく 床の月霜

539031
秋の独り寝を詠める
本歌「独りぬる 山鳥の尾の しだり尾に 霜置きまよふ 床の月影」(藤原定家)


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!