「和歌をつくろう」オリジナル和歌の制作と鑑賞会【歌会・和歌教室】(10月・銀座)


業平や西行のような、短歌ではなく風雅な古典和歌を詠んでみたい! というみなさま。
平成和歌所では、伝統的歌風のオリジナル和歌を制作・鑑賞する会を開催しています。

概要

古典に憧れを抱く人間ならば誰しも思うはずです、「自分も和歌を詠んでみたい」と。
でも俳句や短歌はまだしも、伝統的な和歌なんて詠めるはずがない! とおよび腰のあなた。
詠めるんです! 

歴史的に、和歌はハイソな文化人が育んだ文化です。が、その実内容といえば庶民的なものがほとんど。
ですからちょっとした「基本ルール」と、披露する「場(仲間)」さえあれば誰だって詠めるんです。
それを兼ね備えたのが平成和歌所の「和歌をつくろう(歌会)」なのです。

本会では、毎回の冒頭で私から詠歌の基本ルールをワンポイント伝授いたします。
掛詞や縁語などの修辞法はもちろん心構えまで、歌を詠むことに直接役立つ内容を分かりやすくお話しします。

そして、場が温まってきたところでご参加のみなさまの歌を披露&鑑賞します。
歌は事前にご用意頂いても、場の雰囲気で即興で詠んでいただいても構いません。月替わりで歌題を三題設定していますので、お好みの題で自作の和歌をご披露ください。ちなみに歌はご参加者を左右に分けてご披露いただきます、ちょっとした歌合ですね。

鑑賞の後はみなさまからご感想をいただきます。これが最高に盛り上がるのです!
自分だけでは気付けなかった客観的な感想は、詠歌の修練にたいへん参考になります。

しかし、私たちの目標はただ歌を詠めるようになることではありません。
平成和歌所は「京極派」を標榜し、「心のままに言葉がにほひゆく」歌作りを心がけています。
主情の深淵を自然に見出して、「心ある歌」を詠めるようになろうではありませんか!
※会では毎月3題、年間で36題の歌を作ります。ご参加者のみなさんで年次の歌集を編みましょう

作歌例

講師(内田かつひろ)の作歌WEB歌会あさぎいろ
前回歌合で詠まれた歌
ご参加者様の作歌

開催日、参加費

〇内 容:
・古今伝授(和歌の基本ルールの学習)
・和歌講評(古今秀歌およびご参加者の作品)
・歌づくり(3題を作歌します)※年間で36題を作歌、年次で歌集にまとめます
〇歌題「萩」「霧」「夕暮れ」
※当日は題を詠じたオリジナル作品(一首から可)もしくは、平安歌人からお気に入りの歌をご紹介ください
※具体的な講評のため、作歌は事前にご提出頂けるとうれしいです
〇持ち物
・筆記用具
〇開催日:10/21(日)12:00~13:30
 ※申込締切:10/18
〇参加費(1回):2,000円(税込)
〇開催場所:東京メトロ銀座駅徒歩5分 ※お申込み頂き次第、会場の詳細を返信いたします

歌会の様子

舞踊、謡曲、茶、香、俳句、短歌、古武術、篠笛、和菓子…
さまざまな日本文学・文化ファンにご参加いただいております。
→「平成29年 大文化祭☆開催レポート

■お申込み、ご質問はコチラ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

ご希望の歌会 (必須)
「古典であそぼう」和歌と古典文学を語らう会(10月)「和歌をつくろう」オリジナル和歌の制作と鑑賞会(10月)

ご質問等