桜の愛され方


万葉の時代から今に至るまで、桜は特別な花として日本人に愛されてきました。
→関連記事「桜はいつ日本の花になったのか

ただその愛され方は、時代によって異なります。
今では花の下で宴会をしたり卒業や入学などの門出を彩る花として愛されていますが、一昔前の様相は憂慮を覚えるものです。

この記事の音声配信「第24回 桜の愛され方」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

明治から昭和の戦中時代にかけて、桜は軍人のシンボルとして愛されていました。戊辰戦争以後の戦死者を祀る靖国神社に植えられた桜はその顕著な例といえますが、当時好まれた軍歌にもその傾向は見てとれます。

「貴様と俺とは 同期の桜 同じ兵学校の 庭に咲く 咲いた花なら 散るのは覚悟 みごと散りましょ 国のため」
これは「同期の桜」という軍歌の一節です。
→「wikipedia:同期の桜

また軍歌「歩兵の本領」には
「万朶の 桜か襟の色花は 隅田に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵戔の花と散れ」という一節がみえます。
→「wikipedia:歩兵の本領

「散る桜 残る桜も 散る桜」
これは良寛の辞世の句と言われていますが、特攻隊員の遺書で有名です。
このように見事に潔く散ってみせる花に、軍人の生き様を重ねたのです。

桜がナショナリズムと結びついたのは、江戸時代の国学者に起こるとされています。
「敷島の 大和心を 人問はば 朝日に匂ふ 山桜花」(本居宣長)

今となっては狂信的ともいえる桜への愛着ですが、欧米列強の侵食の脅威にさらされていた小国の男児を奮い立たせるためには必要な思想だったのかもしれません。
またなにより桜が、元来「花盛りの姿」よりも「散り落ちる姿」を強く愛でられていた事実を忘れてはいけません。

日本最古の勅撰和歌集、古今和歌集を見てみましょう。

49「今年より 春知りそむる さくら花 散るといふ事は ならはざらなむ」(紀貫之)
これは「梅」詠みが終わり、一番初めに登場する「桜」の歌です。
にもかかわらず、いきなり「散る」ことに関心が向いています。

「梅」であれば開花を心待ちにする歌がありますが、
10「春やとき 花や遅きと 聞きわかむ 鶯だにも 鳴かずもあるかな」(藤原言直)

桜は序盤から「散る」ことに視線が集中しているから驚きです。
続いて「春下」、冒頭から同じように「散る桜」です。

69「春霞 たなびく山の さくら花 移ろはむとや 色かはりゆく」(よみ人しらず)
71「残りなく 散るぞめてたき さくら花 ありて世中 はてのうければ」(よみ人しらず)
73「空蝉の 世にもにたるか 花さくら 咲くと見しまに かつ散りにけり」(よみ人しらず)

桜の「散り様」。
春の盛りにあえなくも見事に散ってゆく姿に、日本人は古来から強い情念を抱いていたのです。

ただ勘違いしてはいけないことがあります。
それは古今和歌集では「散る花」に、決して「命」までは重ねてはいないのです。

101「咲く花は 千くさながらに あだなれど だれかは春を 恨みはてたる」(藤原興風)
散ってしまう花は薄情だが、それでも誰が春を恨むことができようか。

129「花散れる 水のまにまに とめくれば 山には春も なくなりにけり」(清原深養父)
花が散っている川を流れのままに求めてみると、もう山には花も春もなくなっていたのだった。

134「今日のみと 春を思はぬ 時だにも 立つことやすき 花の陰かは」(凡河内躬恒)
春が終わりだと思わない頃でさえ、容易に立ち去ることができなかった花の下。
まして今日は春の最後の日、そんなことができようか?

花が散ることを惜しむ。
その連想は「命」ではなく、過ぎゆこうとする「春」なのです。

思えば「ソメイヨシノ」がよくないかもしれませんね。江戸時代に作られたこの品種は、日本中に植えられている桜の8割を占めるといわれいます。
ソメイヨシノは知られているように、いわゆるクローン桜です。ですから「桜前線」に乗って一斉に開花し、一斉に散ってしまうのです。これが明治以後の「散り様の美」に著しい拍車をかけたのではないでしょうか。

一方、平安歌人が多く歌に詠んだのは「ヤマザクラ」。
自生の花は、散るタイミングもまちまちだったことでしょうから、我々が知っている桜の風景とは違っていたことでしょう。

最後に古今和歌集でも貴重な、満開に咲きほこる桜歌をご紹介しましょう。

59「桜花 咲きにけらしな あしひきの 山の峡より 見ゆる白雲」(紀貫之)
山桜の美しい白! それは山の峡(かい)に見える白雲のようだ。
ソメイヨシノは薄紅色をしていますが、ヤマザクラの大半は純白! これはその美しさを称えた歌です。

91「花の色は かすみにこめて 見せずとも 香をだにぬすめ 春の山風」(良岑宗貞)
花の色を霞に隠してせめて見せないとしても、せめて香りだけ盗んできておくれ、春の山風よ!

102「春霞 色のちくさに 見えつるは たなびく山の 花のかげかも」(藤原興風)
春霞が色とりどりに見えるのは、たなびいている山の花が映っているのだろうか。
先に紹介したようにヤマザクラの色は白が基本ですが、自生の花は微妙な色の違いを見せます。この歌はとりどりの桜色が春霞を染めるという、洒落た趣向です。

ひたすら美しい桜歌! ひとたび桜を目にすれば、一千年前の歌人たちと心を合わせることができる。日本文化とは素晴らしいです。

(書き手:和歌DJうっちー)

→関連記事「花見の前に知りたい! 風流人を気取れる、桜の褒め方、愛で方
→関連記事「北鎌倉の桜散策 ~実朝を探して~

水彩のうた「桔梗」

「しらくもに はねうちかはし ゆくかりの はねさへみゆる あきのよのつき」
「さよなかと よはふけぬらし かりがねの きこゆるそらに つきわたりみゆ」
「つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど」

色と歌が重なってイメージの花を満開にする。
それが「水彩のうた」。

(書き手:和歌DJうっちー)

和歌の鑑賞ポイント 〜古今和歌集の楽しみ方〜

百人一首や和歌が好き! という方は、実はけっこういるのではないかと思います。
例えばこういう歌には、伝統的な花鳥風月の叙景がすぐさま呼び起こされ、日本人であれば誰しも深い感慨を覚えるでしょう。

「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」(持統天皇)
「田子の浦に うち出てみれば 白妙の ふじのたかねに 雪はふりつつ」(山部赤人)

しかしこのように馴染みやすい、いわゆる万葉調の「写生歌」は和歌史における主流ではありません。
代々の勅撰和歌集を見ると分かりますが、和歌のほとんどは頭でこねくり回した「技巧的・理知的」な歌なのです。つまりその正しい鑑賞には「見立て」や様々な「修辞法」、「古歌・故事の教養」といった面倒くさい知識が求められるということ。
ですので「百人一首が好き」という人はいても、「古今和歌集が好き」なんて人はよほどの和歌マニアです。

しかし、日本文化の源泉が初代勅撰集「古今和歌集」の叙景および叙情歌にあることは揺るぎません。
→関連記事「古今和歌集とは

日本の文化・歴史を探求する上でも、決して逃れられない古今和歌集。
今回はこれを楽しく♪ 観賞するポイントをご紹介しましょう。
続きを読む →

梅歌、五感で感じるハーモニー


春を代表する花、梅と桜。
これらの最大の違いってなんだと思います?

おそらく「花弁の形」または「花の付き方(花柄の有無)」なんて答える方が大半だと思います。
間違ってはいませんが、和歌的にいうとそれは違いになりません。

和歌的な桜と梅の最大の違い、
それは…

開花時期(期間)なのです!

この記事の音声配信「第17回 梅歌の鑑賞ポイント」を
Youtubeで聴く
iTunes Podcastで聴く

桜は春の盛りの頃、あっという間に満開になり、あっという間に散ってしまいます。
ソメイヨシノという単一品種が跋扈する現代ではそれが特に顕著ですね。
→関連記事「桜の愛され方

一方の梅。梅の花は咲くのも散るのものんびり、品種の多様さもあって1月から4月まで長きにわたって花が楽しめます。
和歌で梅と桜は、まさにこの違いを捉えた歌われ方がなされています。

例えば桜歌、
63「今日来ずは 明日は雪とぞ 降りなまし 消えずはありとも 花と見ましや」(在原業平)
桜の盛りとなったが、今日来なかったら明日は雪のように散ってしまうけどいいのかい?

こんな感じで、桜歌の大半が花を愛でる間もなく散り様を惜しむことに終始される一方、
梅歌は時間を掛けて折々の景物と交わり、多様な美の情景が詠まれます。

ですから梅の花、正しい鑑賞方法は組み合わせて詠まれる折々の景物との「ハーモニーを感じる」ことが肝要となります。
ただこのハーモニー、漫然と眺めているだけでは得られません。五感をフル活用して感じとるのです!

まずは「雪」とのハーモニー。
ここで必要なのは豊かな「視覚」です。
334「梅花 それとも見えず 久方の あまぎる雪の なべて降れれば」(よみ人しらず)
337「雪ふれば 木ごとに 花ぞ咲きにける いづれを梅と わきて折らまし」(紀友則)

晩冬に咲く梅は、このように眼前の雪と紛れて見分けがつかない様が歌われます。
言うまでもありませんが、和歌で詠まれる梅は紅梅ではなく「白梅」。
視覚に想像を加え、幻想的なしろがねの世界を感じ取ってください。

ちなみに337番は「木」ごと(「毎」)で「梅」になる、という文字遊びになっています。
「山」と「風」で「嵐」と同じ発想ですね。
※「吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ」(文屋康秀)

次は「鶯(うぐいす)」とのハーモニー。
ここで求められるのは一心な「聴覚」。
5「梅が枝に 来いるうぐひす 春かけて なけどもいまだ 雪はふりつつ」(よみ人知らず)
6「春たてば 花とや見らむ 白雪の かかれる枝に うぐひすぞなく」(素性法師)
13「花の香を 風のたよりに たぐへてぞ 鶯さそふ しるべにはやる」(紀友則)

梅の枝で鶯が鳴く、これはとりもなおさず春の到来を意味します。
平安歌人たちはこの初音を待ちわび、ひもねす聴き耳を立てていました。
この期待感、訪れの歓喜が歌に特別な抒情を加えるのです。

ちなみに「梅に鶯」はことわざや、花札の絵柄にもなった抜群の組み合わせです。
→関連記事「梅と鶯のアヤシイ関係

最後に「春の夜」とのハーモニー。
これは少々難易度が高いですよ、必要なのは鋭い「嗅覚」です。
40「月夜には それとも見えず 梅花 香をたづねてぞ 知るべかりける」(凡河内躬恒)
41「春の夜の 闇はあやなし 梅花 色こそ見えね 香やはかくるる」(凡河内躬恒)
46「梅が香を 袖にうつして とどめてば 春はすぐとも かたみならまし」(よみ人知らず)

月光に紛れ白梅の花は見えなくとも、芳香がその姿を知らせてくれる。
嗅覚を澄ませれば、香りだけでも十分堪能できる、それが梅の花なのです。

ちなみに新古今和歌集にはこんな梅歌が詠まれています。
新40「大空は 梅の匂いに 霞みつつ 曇りも果てぬ 春の夜の月」(藤原定家)
新44「梅の花 匂いをうつす 袖のうへに 軒もる月の 影ぞあらそふ」(藤原定家)

もはや五感だけでは通用しない、イメージの極致というような幻想的な世界。
ここまでの象徴歌は、桜ではほとんど見ることができません。
→関連記事「定家vsマラルメ 世紀を超えた対決! 象徴歌の魅力に迫る

春の花の座を桜に奪われ、一見地味に思われがちな梅の花。
でも五感をフル活用すれば、桜以上の華やかさを見ることができるのです。

(書き手:和歌DJうっちー)

Lesson.4 一首を迷いなく書ける

一首書き

1~3の技術を体得したのなら、すでにあなたは一首を美しい流線で描けるこができるはずです。すでに立派なかなグラファー、恥らずに堂々と名乗ってください!
お気に入りの一首を思う存分書きまくりましょう。自らの筆に思わずウットリするでしょうし、かなグラフィーのさらなる高みに登れるはずです。

(書き手:和歌DJうっちー)
「かなグラフィー」Lesson一覧

Lesson.3-2 短字連綿(続け字)を体得する

短字連綿いろいろ

線の流れ、連綿のパターンを体得したら、二字・三字の単語を連綿で書いてみましょう。グッと「ひらがな」らしい表現が形になっているはずです。
文字と文字は流れを止めず、むしろ連綿線に自信を持って強く描いてみます。慣れてきたら四字・五字と字数を増やして線に一体感を演出してみましょう。ここまできたら一首を自在に書けるのは目の前です。

(書き手:和歌DJうっちー)
「かなグラフィー」Lesson一覧

Lesson.3-1 連綿(続け字)のパターン体得をする

連綿のパターン

ひらながの醍醐味は、なんといっても「連綿」(続け字)です。連綿するだけでひらがなは「ひらがな」らしくなり、流線の見せ所も格段に増えます。
文字を持たなかった日本人は、伝来の漢字を崩して「万葉仮名」そして「ひらがな」を生み出しました。この進化の過程で日本人は、いかにして文字を縦に続けて美しく表現できるのかを追求したのです。
その成果が今我々が知るひらがの形であり、連綿のスタイルです。ですから連綿のないひらがなは魅力に欠け、横書きにするなんてことは野暮以外に言いようがありません。

連綿には繋がる字によっていくつかの移動パターンがあります。それを意識しながら線を繋げることで、流線の洗練度はいっそう高まります。

(書き手:和歌DJうっちー)
「かなグラフィー」Lesson一覧

Lesson.2 字形を体得する

基本字形いろは歌

淀みない流線を実現するには、素早い筆運びが必須となります。それに耐え、線と文字が一体化するためには、一字一字の字形を体に沁み込ませなければなりません。
ただ難しく考える必要はありません。他者とのコミュニケーションを求めるかなグラフィーでは、自己満足もしくは一部のマニアにしか読めない「変体仮名」は使用しません。つまり、使用する字形は子供の頃から何度も書いてきたひらがなの基本字形四十六種類。だったら、、すでに身に沁みていますよね?

ひらがな四十六字形の個々の形、大きさ、筆遣い(起筆・終筆、力の入れ所・抜きどころ)などをしっかり身につけ、流線と一体化する美しいひらがなを目指します。かなグラフィーでは高野切れ(第三種)の字形を第一の基本字形とし、手本に取り入れています。

(書き手:和歌DJうっちー)
「かなグラフィー」Lesson一覧

余情妖艶と小野小町


和歌の美を言葉で説明することは大変です。なにせ目に見えないものですからね。
とはいえ「なんとなくいいね~」では終われないのが職業歌人です。
歌の優劣を他者に説明できてこその専門家なのです。

藤原定家ともなると、様々な表現で「歌の美」を説明しています。
「定家十体」と言われるのが有名ですが、特に定家が重要視したのが歌論書「近代秀歌」にある「余情妖艶」です。

「余情」を辞書で調べると、「後に残る、深い印象」といった解説がなされています。
思えばこの余情の美は、和歌だけでなく日本文化全体に横たわっています。
例えば茶道、「余情残心」といって接客後の反省を重んじます。
また武道においても、剣道では打突後の「残身」が美しくないと一本になりませんし、相撲で勝った後のガッツポーズが好ましくないのも、余情を重んじるがゆえだと思います。

ただ定家の場合は「余情」に「妖艶」がプラスされていますから、ちょっとニュアンスが異なりそうです。

定家の「余情妖艶」を理解するために歌論書「近代秀歌」を見てみましょう。

『むかし貫之、歌の心たくみに、丈および難く、詞強く、姿おもしろきさまを好みて、余情妖艶の体を詠まず』
近代秀歌

とあり、紀貫之は「余情妖艶」を詠まなかったと言っています。
貫之の歌といえば?
そう理知的でレトリックを駆使した歌ですね。
余情妖艶とはこういう技巧的な歌とは相反するスタイルのようです。
→関連記事「紀貫之 ~雑草が咲かせた大輪の花~

『それよりこのかた、その流れをうくるともがら、ひとへにこの姿におもむく』
近代秀歌

貫之以後「余情妖艶」は詠まれず、貫之流の技巧的な歌ばかりが詠まれてきたと言っています。

では「余情妖艶」はだれが詠んでいたのか、それが分かるのが以下の一文です。

『…(中略)僧正遍昭と言われる花山僧正・在原業平中将、素性法師、小野小町が後、絶えたる優れたる歌のさま…』
近代秀歌

六歌仙のメンバー、僧正遍昭、在原業平、素性法師、小野小町が失せた後、優れた歌は絶えてしまった、と嘆いています。
つまり彼ら4人の歌こそが優れていて、これこそが技巧と相反する「余情妖艶」の歌だということです。

ただ数多の浮名を流した在原業平はまだしも、僧正遍昭、素性法師の両名は「妖艶」のイメージとは遠い気がします。
ここはやはり「小野小町」でしょう。

古今和歌集の仮名序において、紀貫之は小野小町をこう評しています。

『あわれなるやうにて、つよからず。いわばよき女のなやめるところあるに似たり』
古今和歌集(仮名序)

この一文、
「よき女のなやめるところ」が余情妖艶と深く関係がありそうですね。

小町の歌を具体的に理解するために、古今和歌集に選出された歌をみてみましょう。
なんといっても代表はこれですね。

113「花の色は うつりにけりな いたづらに わか身世にふる ながめせしまに」(小野小町)

老いという抗えない運命に身をやつす女…
定家自身が選出した百人一首にも採られてるくらいですから、
ここで歌われる「なやめる女」の姿が「余情妖艶」といえるかもしれません。

引き続き、他の歌も探ってみます。
小町の歌は古今和歌集に18首採られていますが、実は四季歌は上の(春上)「花の色…」のみで、過半数(13首)は恋の歌です。
そしてそこには、「老いに悩むかつての美女」とは別の小町がみえます。

552「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを」(小野小町)
553「うたたねに 恋しき人を 見てしより 夢てふ物は 思みそめてき」(小野小町)
554「いとせめて 恋しき時は むば玉の よるの衣を 返してぞきる」(小野小町)
656「うつつには さもこそあらめ 夢にさへ 人めをよくと 見るかわびしさ」(小野小町)
657「限なき 思ひのままに 夜もこむ 夢路をさへに 人は咎めじ」(小野小町)
658「夢路には 足も休めず 通へぢも うつつにひとめ 見しことはあらず」(小野小町)

「花の色…」と同じように見えるのは「なやめる女」
ただそれは「老い」ではなく「叶わぬ恋」
→関連記事「小野小町 ~日本女性の恋愛観のルーツ~

現実では不可能でも、せめて夢で愛しい人に逢いたい…
「余情妖艶」とは絶望にあって唯一の希望、「夢」の余韻なのです。

「春の夜の 夢の浮橋 とだえして 峰にわかるる 横雲の空」(藤原定家)
この歌こそが定家が示す「余情妖艶」の極致なのだと思います。

→関連記事「恋の和歌、その物語を5分で知る! ~恋歌残酷物語(総集編)~

(書き手:和歌DJうっちー)

Lesson.1 流線(筆使い)を体得する

十種の基本線

ひらがなの美しさを決定するのはズバリ「線」です。一般的に「きれいな字を書く」とは「整った字形を書く」ことだと思われているふしがありますが決してそんなことはありません。「線」の出来が文字の美しさを支配しているのです。起筆から転折、連綿、終筆まで息も切らさぬ流線が紙面を踊る時、美しいひらがなであると感じるのです。

かなグラフィーの第一歩は、淀みない流れる線が書けるようになる練習を行います。
ここで登場するのが、秘伝の「ひらがなを構成する10種の線パターン」。これは、ひらがな(現代仮名遣い)四十六文字を構成する線パターンを分類し、十種類にまとめたものです。この線パターンをマスターすれば、自ずと美しいひらがなが書けるようになります。

この時、起筆と終筆は鋭く、線は単調に続けるのでなく強弱のリズムをつけ、長く伸びやかな線を描くために「腕」全体を使って書く、という三点を強く意識してください。

(書き手:和歌DJうっちー)
「かなグラフィー」Lesson一覧

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、神無月)10/27(日)9:50~11:50