和歌の入門教室 「体言止め」

「体言止め」を知る前に、まず「体言」を知らなければなりません。
体言とは自立語の中で活用がないものとされています。まあ簡単にいうと「名詞、代名詞」のたぐいです。難しく考えると嫌になりますから簡単な方を覚えましょう。

「体言止め」の歌とは、歌の結句を名詞で終らせた歌、ということです。
これは例を見たほうが早いですね。
277「心あてに 折らはや折らむ 初霜の おきまどはせる 白菊の花」(凡河内躬恒)
332「あさほらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に ふれる白雪」(坂上是則)

「白菊の花」、「白雪」という名詞で終わっていることが分かります。

さて、体言で終わるとなんだか不思議な余韻が残りませんか?
新古今和歌集時代、その効用に気づいた歌人たちは体言止めの歌を多く詠むようになります。
三夕の歌なんかその特徴がよく表れていますよね。
新361「さびしさは その色としも なかりけり 真木立つ山の 秋の夕暮れ」(寂蓮)
新362「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ」(西行)
新363「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」(藤原定家)
→関連記事「三夕の歌 ~秋の夕暮れベスト3~

ちなみに三夕は五句目が体言止めとなり、一首がしっかり終わった感がありますが、
これが三句目に現れるとこんな歌になります。
新45「梅が香に むかしをとへば 春の月 こたへぬ影ぞ 袖にうつれる」(藤原家隆)
新210「我がこころ いかにせよとて ほとときす 雲間の月の 影になくらむ」(藤原俊成)

上句の余韻に下句が被さり、重層的でより複雑な余情を感じませんか?
和歌は時代が下るにつれ、この余情を大変重んじるようになっていきます。そしてそれは「連歌」という形式に帰結します。

上句(長句)と下句(短句)の付け合いによって生じる予想不能の余情。
新古今以後、短歌形式(三十一文字)の和歌は衰退していきますが、一方で連歌は大いに盛り上がっていくのです。

(書き手:和歌DJうっちー)

「和歌の入門教室 一覧」

和歌の入門教室 「擬人法」

擬人法とは人間でない事物をあたかも人間のように喩える表現です。
あえて説明するまでもありませんね。
たとえば「グーグル先生」は体言として、「スマホが死んだ」は用言として擬人法を使った例となります。
いくらでも出てきそうですね。

ちなみに「スマホが言うことを聞かない」なんてのはどうでしょうか?
言い聞かせるなんていう対象は当然人間ですから、これも擬人法ですね。
ただ「Siri」などの発話解析・認識インターフェースが発達して、スマホが「擬人」ではなくなる日がくるかもしれません。

さて、古典和歌でも擬人法はいくらでも使われています。
例歌を百人一首からあげてみましょう。
「わたのはら 八十島かけて こきいてぬと 人にはつけよ あまのつり舟」(小野篁)
「夏の夜は まだよひながら あけぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ」(清原深養父)
「小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば 今ひとたびの みゆきまたなむ」(藤原忠平)

これらでは「つり舟」、「月」そして「もみぢ葉」が人として歌に詠まれています。

ところで和歌において、擬人法はどのような意図で用いられているのでしょうか?
和歌における美意識の中核は「希求」です。ですからおのずと詠み人は「孤独」の存在、唯一の慰みは「自然」となります。
つまり和歌では自然を自らの対照として、そして無二の友人として擬人化しているのです。

他人との深い繋がりをよしとする現代。
和歌の美意識はあまりにも空虚に映るかもしれません。しかし、これが和歌の理想なのです。
歌人よ、孤独であれ!

(書き手:和歌DJうっちー)

「和歌の入門教室 一覧」

定家明月記私抄

定家の日記「明月記」ですが、読みたいと思ってもなかなかちょうどいい本がありません。
見つけても玄人向けだったり、そもそも50年間の日記ですから大長編です。
そんな中、見つけたのがこの「定家明月記私抄」(堀田善衛著)。
はっきりいってこんなに素晴らしい書籍はありません!
定家の人物像はもちろん、生きた時代の文化・社会が細やかに描写されています。
まさに知の宝庫といった感じです。
定家のみならず中世日本に興味がある人はぜひ読んでほしい一冊です。

続きを読む →

古今和歌集 恋歌残酷物語 その30「恋はまぼろし」

724「陸奥の しのぶもぢずり たれゆゑに みだれむと思ふ 我ならなくに」(源融)
725「おもふより いかにせよとか 秋風に なひくあさちの 色ことになる」(よみ人しらす)
729「色もなき 心を人に そめしより うつろはむとは おもほえなくに」(紀貫之)

—————-
私にはなにもない

虚無という言葉さえ空しい

心のすべてを征服していた恋は

塵も残さず失せてしまった

恋をする前の自分はどんな人間だったのだろう

今となっては思い出せない

恋はまぼろし

泡沫の夢

昔のように笑える日が来るだろか

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_5503

君とは誰だ? ~君が代と古今和歌集~


今回は少々デリケートな問題に足を踏み入れたいと思います。
「君が代」です。

「君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」

言わずと知れた日本国の国歌です。

デリケートな問題というのは、君が代の「起立斉唱問題」です。
君が代は「大日本帝国時代の国歌であり、歌詞は国体護持の意味合いが強い」ということから、君が代の斉唱を反対する運動が起きています。

でも君が代の「君」は本当に天皇を指しているのでしょうか?
また歌の内容は国体護持なのでしょうか?

君が代の歌詞は、古今和歌集の「賀歌」が元になっています。
「賀部」の冒頭
343「わが君は 千代に八千代に さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」(よみ人しらず)

そもそも「賀歌」は、誰に向けた祝賀なのでしょう?
古今和歌集は「勅撰和歌集」ですから、天皇に向けた祝賀がほとんどだろうと思えます。

しかし!
賀歌22首の内容、詞書をみても、天皇に向けた祝賀であると特定できる歌は一切ないのです。なおかつ祝いの内容は末永い国体の繁栄などではなく誕生の賀が大半。
しかもその対象者が本康親王(仁明天皇の皇子)と尚侍の右大将(藤原定国)という奇妙なアンバランス。

つまり「賀歌」の本質は、親しい人へのバースデーソングなのです。
君が代の君は「天皇ではない」と言い切れないまでも、天皇である可能性は薄く、かつ国体護持というような内容を含んでいる可能性はほとんどない!
ということです。
→関連記事「賀歌 ~日本人のバースデーソング~

ですから君が代の斉唱を反対している皆様、安心してください!
と、言いたいところですが、事はそんなに簡単ではないよう…

平成11年に施行された「国旗及び国歌に関する法律」には、君が代の「君」について以下のように記されています。

『日本国憲法下では、日本国及び日本国民統合の象徴であり、その地位が主権の存する国民の総意に基づく天皇のことを指す』
wikipedia

このように明言されているようですから、これでは歌のルーツをいくら探ってみても、もはや無意味です。

思えばあの仰々しくて重厚感のある伴奏が人を遠ざけるのかもしれません。
いっそアップテンポの平成リミックスVerでも出してみてはどうでしょうか。

(書き手:和歌DJうっちー)

絶望との対峙方法 ~新古今和歌集とフィッシュマンズ~

和歌には共通のあるテーマが内包されています。

いずれも百人一首に採られた有名な歌、
84「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花のちるらむ」(紀友則)
113「花の色は うつりにけりな いたづらに わか身世にふる なかめせしまに」(小野小町)

これらが単純に情景を詠んだだけの歌だとは、だれも思わないでしょう。
常ならぬ世に嘆き苦しむ孤独な人間、つまり「絶望」の姿がそこに見えるはずです。

そう、和歌には多かれ少なかれ「絶望」というものが歌われているのです。

絶望は「古今和歌集」と「新古今和歌集」では立ち向かい方が異なります。
この違いこそが、古今調と新古今調とを分ける重要な要素となっています。

例えば恋に絶望するとどうなるのか?
まずは古今和歌集から見てみましょう。
527「涙河 枕なかるる うきねには 夢もさたかに 見えずぞありける」(よみ人しらず)
599「白玉と 見えし涙も 年ふれば 唐紅に うつろひにけり」(紀貫之)

幾夜泣けども尽きぬ涙は河となり、夢さえも確かに見えないほど。
そして涙はやがて紅となる。
紅はもちろん「血」の暗喩です。
真珠のような涙が血の色に染まるとなれば、おのずと「死」へと連想が広がるのは当然でしょう。

698「恋しとは たが名づけけむ ことならむ 死ぬとぞただに 言ふべかりける」(清原深養父)

このように絶望に対して「激情で対峙」するのが最初の勅撰和歌集、古今和歌集の美なのです。
以前、「古今和歌集美の系譜 ~紀貫之からX JAPANへ~」で書いたように、絶望に「激情で対峙」する様式は現代のヴィジュアル系に繋がっているというのが持論です。

この「激情で対峙」ですが、その裏には「この辛さを分かってほしい!」という共感の念が含まれています。
ですからある種「分かりやすい絶望」ともいえます。

一方「新古今和調」になると、絶望にどのように立ち向かっているのでしょうか。

「たそがれに もの思ひをれば 我が宿の 荻の葉そよぎ 秋風ぞ吹く」
「ながめやる 心もたえぬ わたのはら 八重のしほぢの 秋の夕暮」
「萩の花 くれぐれまでも ありつるが 月いでて見るに なきがはかなさ」

孤独に耽っているのは同じです。
ですがそこにいる人間に「激情」は見当たりません。
思い悩みつつも、それを受け入れあくまでも「穏やか」に情景を歌っている。

これは鎌倉幕府三代将軍「源実朝」の歌です。
彼は肩書きこそ将軍ではありながら、実権は北条義時と母である政子に握られていました。
そして最後は鶴岡八幡宮で暗殺されるという、悲劇的な人生をおくった人物。
おそらく絶望の真っ只中を生きたのだと思います。
だから絶望は当たり前のこととなり、「絶望していますけどなにか?」という恐ろしい境地に立っている。

正岡子規は「歌よみに与ふる書」で、万葉以来、実朝だけが一流の歌詠みであると語っています。
それはおおからな詠みぶりつまり「万葉ぶり」であることが所以とし、以下の歌を例に挙げています。
「大海の 磯もとどろに 寄する波 割れて砕けて 裂けて散るかも」

実朝の境遇をおもんばかれば、実情は子規の見立てとずいぶん異なることが分かります。

新古今和歌集の時代は、このような歌が少なくありません。
例えば藤原定家の
「年も経ぬ 祈る契りは 初瀬山 尾上の鐘の よその夕暮」
「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦のとまやの 秋の夕暮れ」

このように、平気で「何もない」「自分とは関係ない」と突っぱねてしまう。
絶望に対して共感は一切求めていません。
人生に横たわる当然の存在として受け入れています。

絶望に「激情で対峙」する古今調の現代版を「X JAPAN」とすれば、
当然として「受け入れる」新古今調の現代版は、さしずめ「フィッシュマンズ」です。

「目的は何もしないでいること
 そっと運命に出会い運命に笑う」
フィッシュマンズ 『すばらしくてNICE CHOICE』

ということを普通に言ってしまうのが「フィッシュマンズ」です。

絶望に対して共感や救いを求めていない。
むしろそれは当たり前のものとして受け入れ、涙を流すより笑ってしまう。

それゆえ外部からは「分かりにくい」絶望といえます。
ただこの「分かりにくさを表現する」ことで救われようとしているように思えます。

「X JAPAN」と「フィッシュマンズ」、
「古今和歌集」と「新古今和歌集」では絶望への対峙方法が全く異なることが分かりました。

絶望が「歌を育んだ」ともいえますが、反対に絶望を「癒すために歌が生まれた」のかもしれません。
歌という表現によって「救われたい」という気持ちがあることは共通しているのですから。

(書き手:和歌DJうっちー)

古今和歌集 恋歌残酷物語 その29「裏切り」

706「大幣の ひくてあまたに なりぬれば おもへどえこそ たのまざりけれ」(よみ人しらす)
714「秋風に 山のこのはの うつろへば 人の心も いかがとそ思ふ」(素性法師)
715「蝉のこゑ 聞けばかなしな 夏衣 うすくや人の ならむと思へは」(紀友則)

—————-
あの人は裏切った

ただそれだけ

夏衣が薄いように

木の葉の色が変わるように

至極当然のなりゆき

私は愚かな道化の一つ

人生に確かなものなど

決してないのだろう

あるとすれば

この怒り、虚しさ

いや

惨めな自分だけ

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_5462

年賀状を「寸松庵色紙」風に書いたら…


あけましておめでとうございます
ほんねんもよろしくおねがいいたします
元旦
※筆者「紀貫之」として伝わるが、誤りとの見方が強い


寸松庵色紙のポイント!「変化で遊ぶ」

・字は太細、長短の変化をつけ
・変体仮名をアクセントに
・行頭、行末を動かしつつ全体はまとめるべし

(書き手:和歌DJうっちー)

古今和歌集 恋歌残酷物語 その28「LOVE PHANTOM」

695「あなこひし今も見てしか山かつのかきほにさける山となてしこ」(よみ人しらす)
696「つのくにのなにはおもはす山しろのとはにあひ見むことをのみこそ」(よみ人しらす)
697「しきしまややまとにはあらぬ唐衣ころもへすしてあふよしもかな」(紀貫之)
—————-
会いたい、会いたい、会いたい

他に何も望まない

ただあの人に会いたい

生きている時間はすべて

あの人と過ごしたい

恋の亡霊に憑りつかれた男

その結末は生か死か

(書き手:和歌DJうっちー)
→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~
IMG_5410

11月に柳!? 花札の謎を古今和歌集で解く!


花札をご存知でしょうか?
やったことはなくても、その絵柄には馴染みがあると思います。

花札の絵柄には、四季折々の景物が描かれています。
1月:松に鶴
2月:梅に鶯
3月:桜に幕
4月:藤に時鳥
5月:菖蒲に八橋
6月:牡丹に蝶
7月:萩に猪
8月:薄に月、薄に雁
9月:菊に盃
10月:紅葉に鹿
11月:小野道風に柳と蛙、柳に燕
12月:桐に鳳凰

2月の梅に鶯、10月の紅葉に鹿などは和歌における景物取合せの王道パターンでもあります。
花札の発祥は安土・桃山時代の「天正かるた」とされ、江戸時代中期には現在使用している花札の形になったそうですが、
古今和歌集で定義された日本美のルールが、庶民の遊びであるかるたにも影響していたことが分かりますね。
和歌の入門教室 特別編 「古今和歌集 四季の景物一覧表」

ただこの取り合わせ、和歌的にはどうしても違和感のあるものがいくつかあります。
まず軽微なところで、6月の「牡丹」、7月の「猪」です。
これらは古今和歌集には見ることができません。まあ、雅な和歌に「猪」が出てきたら驚きますよね。

同様に12月の「桐」も古今和歌集にはない景物です。
「桐の花」であれば俳句の季語にあるようですが、どちらにしても「初夏」の季語なので違和感が残ります。
実は「桐」、「これっきり」という言葉に掛けられて年の最後である12月の絵柄に選ばれたようです。

最大の謎は11月です。
11月の「柳と蛙」、「柳に燕」です。
描かれているのは青々とした柳、落葉の姿には見えません。
なにしろ取合せが蛙と燕ですからね、どう見たって晩春から初夏の景物です。

それがなぜ11月の絵札に描かれているのか?
Google先生に尋ねてみても、腑に落ちる回答を頂けません。

ではその答えを日本美のルールブック、古今和歌集に求めることはできないか?
ちょっと探索してみましょう。

古今和歌集には、「柳」を詠まれた歌が2首あります。
27「浅緑 糸よりかけて 白露を 玉にも貫ける 春の柳か」(遍昭)
56「みわたせば 柳桜を こきませて 宮こそ春の 錦なりける」(素性法師)

いずれも春の歌ですが、これを見てはっと気づきました。
「白露を玉にも貫ける」と「錦なりける」の箇所です。

実はこれ、秋の歌でも使われる見立てなのです。
例えば以下の歌、
222「萩の露 玉に貫かむと とれはけぬ よし見む人は 枝なから見よ」(よみ人しらず)
297「見る人も なくてちりぬる 奥山の 紅葉は夜の 錦なりけり」(紀貫之)

つまり、私が考えはこうです。
花札の考案者(江戸っ子)になって答えてみましょう。

(ここから江戸っ子↓)
—————————
10月は「紅葉に鹿」と、、
よし、これで1月から10月までの絵柄は決まったね
年の最後の12月は「これっきり」ってことで「桐」にしとくか
われながら洒落た取合せじゃねぇか

そして11月はと、、
やっぱ紅葉にしとくか…って10月に使っちまってるよ!
困ったな、ネタが尽きちまったぞ。。。

11月といえばなんだ?
萩枝を貫く「白露の玉」なんかしゃれてんじゃねぇか? って「萩」も7月に使ってるよ…
一面の「錦」ってのは? ってこれも「紅葉」だしなあ。
なんかねぇかなぁ

お、そうだ!
白露の玉と錦つったら「柳」もありじゃねぇか!

春っぽいけど、まあ細けぇことは気にすんな
要はイメージだよ、イメージ
「柳」に秋を感じるってのが粋ってもんだろ
ついでに蛙と燕も出しちまえ!
オイラって天才かも
—————————

と、かなり強引な妄想にて、「11月の柳の謎」の幕を引かせて頂きます。

(書き手:和歌DJうっちー)

→「令和の歌合せ(皐月の会)」5/26(日)10:00~12:00