ありとても頼むべきかは世の中を知らするものは朝顔の花(和泉式部)

昨日、憶良が詠んだ秋の七草をご紹介した。ご存知の方も多かと思うが、そこでの「朝顔の花」は今でいう「桔梗」であるというのが通説になっている。私たちが知る朝顔が伝来したのは平安時代以降なのだ。では平安時代も中期にあたる後拾遺集に採られた今日の朝顔、これは何を指すだろう? 実は今の「朝顔」または「槿(むくげ)」であるのだ。今日の歌でも分かるが平安朝になると「朝顔」は儚さの象徴として扱われている、これは源氏物語でも同じだ。なんとなれば朝顔が「一日花」であるからだが、その実槿もそうであって区別は困難。しかし内容の理解には障りがないので気にしないでおこう。

(日めくりめく一首)

萩の花尾花くず花撫子の花女郎花また藤袴朝顔の花(山上憶良)

春の七草は有名だが、秋にも同じく七種の草花が選ばれている。ただしこちらは粥などにはせず、純粋に愛でて楽しむものだ。ラインナップといえば「萩」、「尾花(ススキ)」、「葛」、「撫子」、「女郎花(おみなえし)」、「藤袴」、「朝顔」の七つ、今日の歌はこれらがまんま並べられた歌ならぬ歌であるが、実のところこの歌によって秋の七草というものが定義されたと言える。詠み人は万葉歌人を代表する山上憶良、彼が七草を詠んで以来、和歌の秋はこれらで彩られるようになった。

(日めくりめく一首)

七夕は今やわかるる天の川かわ霧たちて千鳥なくなり(紀貫之)

歌集の個性と歌人の個性、どちらが優先されるべきだろうか? 当然歌集の方である。技巧で鳴らした古今撰者のひとり貫之も、新古今には明らかに新古今好みの歌風で採られている。今日の七夕歌を見よ、得意の縁語、掛詞といった言葉遊びはいずこ、墨の匂い淡く、隠者が口ずさむような寂しき終焉の情景が詠まれている。なるほど貫之はこんな歌も詠んだのかと、一寸の感動すら覚える。
さて、これにて七夕歌も区切りとしよう。明日からはとりどりの秋をご紹介する。

(日めくりめく一首)

和歌の本質論(無常そして美)

和歌は「自然」を主題とする、恋であっても心は自然に仮託して歌に詠まれる。ところで自然とは花鳥風月、目に映える事物に収まらない。自然とは移ろうひやまぬ無常が具象した姿であるのだ。

「無常」、それは宇宙を支配する唯一の真理。宗教しかり哲学しかり、この極めて冷淡な理を超克するため古来人類は挑み続けてきた。しかしこれをあるがままに受け入れた民族がいる、古代日本人だ。
いつのころか日本人は無常への抵抗をあきらめた、それどころか共に歩むことを選んだのだ、なんと自然=無常と対話を始めたのである。
しかし人間は、人間同士が行うように自然と対話することは出来ない。それができる唯一の手段、それが「美」であった。「あはれ」という美的情趣をもってのみ、人間は真に自然と心を合わせることが出来たのだ。和歌が自然美に彩られているのはこうした理由がある。

一首を侮ることなかれ。和歌が無常というこの世の本質に迫っている以上、優れた一首にはこの世を明らかにする鮮烈なメッセージが含まれている。安寧、恐怖、快楽、円寂。美的情趣の強烈な歌から同時に、このような一服の「感動」を得られるのも、和歌が先人が明らかにした人生の道標であるからだ。

→関連記事「美とはなにか?

(書き手:和歌DJうっちー)

七夕のと渡る舟の梶の葉にいく秋かきつ露のたまづさ(藤原俊成)

習俗に詳しい人などは七夕の願い事は短冊ではなく「梶の葉」に書くものだと知った風に言うかもしれない、確かにそうであったろうが八代集の七夕歌をみてそれが分かるのは僅かに二首に過ぎない、ひとつが後拾遺集の上総乳母※、そしてもう一つが今日の俊成によるものだ。ともに序詞によって梶の葉を導くのは共通しているが、さすがに俊成は「たまづさ(玉梓)=手紙」に涙の暗喩となる「露」を添えて、それを幾たびの秋繰り返してきたと一入の抒情を描いている。あまたの七夕歌においても格別の一首だ。

※「天の川と渡る舟の梶の葉に思うことをも書きつくるかな」(上総乳母)

七夕の天の羽衣かさねてもあかぬ契りやなほ結ぶらむ(皇后宮肥後)

これほど艶めかしい七夕歌があったろうか。『何度も何度も重ねても、ふたりは満足できない恋を結んでいるのだろう』。「重ねる」はもちろん「年に一度の逢瀬」であるが、加えて互いの「体」を思うとき、牽牛と織女は彼方天体のアルファ星から一塊の人間に還る。詠み人は皇后宮肥後、肥後は女房歌人の活躍乏しい院政時代において恋歌で鳴らした。だからこそ詠めた、妖艶の匂い際立つ一首である。

(日めくりめく一首)

袖ひぢてわが手に結ぶ水のおもに天つ星合の空をみるかな(藤原長能)

勅撰和歌集の見どころの最大は歌風の表われだろう。これが漠然としている集は、なんとなく面白味に欠ける。これまでの七夕歌で万葉集と古今集の歌いぶりを鑑賞してきたが、新古今集もやはり新古今集といった特徴をはっきりと感じることが出来る。『袖を濡らしながら両手を合わせて掬った水の上に、牽牛と織女が逢瀬を遂げる天の川が映っている』。難しいところはひとつもなく、ただただウットリ思い入ってしまう絵画的抒情が描かれている。「袖ひぢて」といえば貫之による古今集第二番歌※が思い起こされるが、今日の歌の方が「合う(逢う)」というイメージにもピッタリだ。詠み人は藤原長能、拾遺集時代の歌人であるが、なるほど新古今にこそ相応しい一首である。

※「袖ひぢて結びし水のこほれるを春立つけふの風やとくらむ」(紀貫之)

(日めくりめく一首)

大空をわれもながめて彦星の妻待つ夜さへひとりかも寝む(紀貫之)

「ひとりかも寝む」。この馴染みやすくていかにも和歌らしいフレーズは、実のところある時期に起こった一過性の流行りに過ぎない。その時期というのが新古今であって、立役者は定家とみてほぼ間違いない。今日の歌も詠み人は貫之であるが、採られたのは新古今である。調べてみると新古今には「ひとりかも寝む」で結ばれる歌が四首あった、一見すると微小だがこれ以前の勅撰集にほとんど見えなかったことを考慮するとちょとした流行といえなくもない。眼目は百人一首である、人麻呂※1、良経※2と稀代の歌人がこれを採られている、彼らの真骨頂でないにも関わらずだ。これはひとえに撰者たる定家のこだわりといえよう。その真意は端的に、独り寝の抒情を恋しのぶ女ではなく、隠遁の侘しい男に寄せたのだ。

※1「あしひきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかもねむ」(柿本人麻呂)
※2「きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかもねむ」(藤原良経)

(日めくりめく一首)

今宵こむ人にはあはじ七夕のひさしきほどに待ちもこそすれ(素性)

今日の七夕歌も古今集また素性法師らしい一首だ。『今夜来る人には逢わない、だって織女のように長く待つようになるのはやだからね』。昨日と同様に七夕伝説をネタとして扱いながら、ウィットを洒脱に効かせている。和歌というと情趣が連想されるかもしれないが、実のところ最初の勅撰集は理知で滑稽が主流をなす。国風に傾倒始めた時代の日本のハイソサエティにもてはやされたのは、このようなスタイルだったのだ。

(日めくりめく一首)

天の川浅瀬しら浪たどりつつ渡りはてねば明けぞしにける(紀友則)

七夕伝説への憧憬を素朴に歌った万葉歌人はどこへやら、古今歌人達にとって七夕はもはやネタの一つに過ぎないようだ。『天の川の浅瀬を知らなかったので、川を渡る前に夜が明けちゃったよ~』。年に一度の逢瀬の感動なんてまったく無視、天の川を渡る途中で迷子になってしまった滑稽なピエロが歌われている。古今集にみえる七夕の歌は僅かに10首に過ぎない、万葉の頃と変わって中国文化への憧れは相当薄れてしまった。

(日めくりめく一首)

→令和の古今伝授(和歌を詠み書くための会、長月)9/22(日)9:50~11:50