「立春(りっしゅん)」~美しい日本語の四季~

「袖ひぢてむすびし水のこほれるを 春立つ今日の風やとくらむ」(紀貫之)

「春立つ」とは二十四節季のひとつ、「立春」を指します。旧暦(太陰太陽暦)ではこの日を年の始めとしていました。今でもお正月を「新春」というのはこのためです。

実は二十四節季のうち、和歌で詠まれるのは「立春」と「立秋」くらいです。
春と秋、この二つは歌人たちにとって特別な季節でした。それが端的に分かるのが古今和歌集の四季ごとの収歌数です。夏が34首、冬が29首に対し、春は134首、秋はなんと145首も収められているのですから。

冒頭の歌は立春の日の風を詠んだものです。夏、手を合わせ掬った水に袖を濡らし、冬、それが冷たく凍ったのを、立春の今日の風が溶かすのだろうか? 一首で四季の巡りを歌にしています。

暦の上では春になったとはいえ、本当はまだまだ風は冷たいはず。でも立春という言葉を聞くだけで、もう心は暖かくなってしまうのです。

→関連記事「春はいつから春? 八代集で知る春のはじまり!

(書き手:和歌DJうっちー)


令和和歌所ではメーリングリストで歌の交流(セッション)を繰り広げています。現代の「和歌」の楽しさをぜひ味わってみてください。初心者の方のご参加も大歓迎です。