/夏、それは平安貴族最大の苦痛

夏、それは平安貴族最大の苦痛

6627559
平安貴族にとって、最大の苦しみはなにか?
叶わぬ恋? それとも極貧ボンビー生活??
いやいやそんなもんは「世のならい」として、当然に受け止めています。

平安貴族にとって最も辛いこと、それは「夏の暑さ」です!

人間、本当に辛いことこそ、なかなか言葉にできないものです。よね?
だからですよ、古今和歌集の「夏歌」。
たった34首しか歌がないんです。「春」は上下134首、「秋」は上下145首の歌があるのに!

夏は草花が繁にしげ、虫も騒々しく、歌の景物に事欠かない季節です。
それにあのジリジリと焦がれる太陽、それを「わが恋心」に見立てて歌ってもいいじゃないですか!
だがそんなことは決してしない…

かろうじて「ほととぎす」に恋心を触発されるくらいで、ほとんど無気力、無関心です。
→関連記事「古今和歌集にほととぎすあり

もう口を開くのも面倒なくらい嫌いだったんですよ、夏のことが。

あの寝殿造りを見てください。
仕切りをトコトンなくして、風通しを最優先させたのです。
「涼しい風こ~い」って。

あの着物見をてください。
袖口を大きく開け放って、風通しを最優先させたのです。
「涼しい風こ~い」って。

いくら「スースー」したって、冬の寒さはなんとか我慢できる、
ただ夏の暑さだけはどうしようもない!
衣住を見ても、夏が半端なく辛かったことがヒシヒシと伝わってきます。

だからでしょうか。
「秋」の訪れを真っ先に知るのは、涼やかな「秋風」なのです。
「おおー、秋風きたー」って感じで。
→関連記事「秋の訪れを知る、秋風の音

平安貴族にとっての秋の到来は、
月や紅葉など美しい景物との出会いの始まりと同時に、大っ嫌いな「夏」からの解放を意味していたのです。

「心づくしの秋は来にけり!」
いろんな感情が、この一言に込められているわけです。

(書き手:内田かつひろ)


歌会・和歌教室、和歌bar
 
歌会・和歌教室、和歌bar

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪


 
ラジオ和歌マニア

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる! 和歌DJウッチーこと「内田かつひろ」と英語講師「ろっこ(rocco)」の鋭い突っ込みでお送りします。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。