日本文化のバイブル、古今和歌集とは何か

古今和歌集は905年、醍醐天皇の勅命により紀貫之、紀友則、凡河内躬恒、壬生忠岑によって編纂された最初の勅撰和歌集。ここに採られた一千百首の歌の心・姿は日本文化の規範となり、今に至るまで影響を与え続けています。

その特徴は大きく二つあります。
一つは「部立て」。部立とはいわゆる歌のカテゴリーで、古今和歌集は以下二十の部立で構成されています。「春(上下)、夏、秋(上下)、冬、賀、離別、羈旅、物名、恋(一~五)、哀傷、雑(上下)、雑体、大歌所御歌」。

誕生、旅立ち、恋愛、老い、死。古今和歌集の部立はいわば人生の縮図。特筆すべきは「四季(春夏秋冬)」と「恋」、これら二つで歌集の半数以上(七百二首)を占めるほど関心が高く、以後の勅撰和歌集でも同じように群を成しました。四季と恋、和歌から始まった文芸の二大テーマは、そのまま日本文化の主題となったのです。

よく「日本の特徴は?」という質問に、「四季があること」などと答える人がいますが、四季がある国なんていくらでもあります。でもそう捉えている日本人は多い、なぜか? それは日本文化が、古今和歌集で築かれた四季への愛着と美意識を前提に成り立っているからです。

また、いわゆる「奥ゆかさ」などに日本人の特徴を見る人もいるでしょう。これは古今和歌集の「恋歌」で紡がれた価値観に由来します。
互いに求めて得られる充足の感情を「愛」だとすれば、求めても決して得られない希求の感情が「恋」。忍ぶ女に、待つ男。すれ違い続ける男と女は結ばれることなく、ただ夢に希望を託すばかり。この受容的、忍従的な恋の抒情を「美」、別の言葉で「あはれ」として打ち立てたのが古今和歌集なのです。

→関連記事「5分でわかる恋歌の全て ~古今和歌集 恋歌残酷物語(総集編)~

古今和歌集のもう一つの特徴が、歌の「配列」です。実例として、「春」から数首見てみましょう。
1「年のうちに春はきにけり一年を 去年とやいはむ今年とやいはむ」(在原元方)
2「袖ひぢてむすびし水の凍れるを 春立つ今日の風やとくらむ」(紀貫之)
3「春霞たてるやいづこみよしのの 吉野の山に雪はふりつつ」(よみ人しらす)

年が明け、春風が吹き、霞の中雪が降る…

次いで「恋」。
469「ほととぎす鳴くや五月の菖蒲草 あやめも知らぬ恋もするかな」(よみ人しらず)
470「音にのみきくの白露夜はおきて 昼は思ひにあへず消ぬべし」(素性法師)
471「吉野河いは浪たかく行く水の はやくぞ人を思ひそめてし」(紀貫之)

まだ噂でしか知らない人、恋に気づき、思い悩む日々が始まる…

このように古今和歌集では、歌と歌が互いに寄り添いながらゆっくりと変化していきます。とどのつまり選者達は、四季や恋の「移ろい」それ自体に美を見い出したのです。
絶えなく変化する森羅万象、それを留めようとする永遠に叶わぬ希求。このギャップによって生じる葛藤、虚無、滑稽そして絶望こそが古今和歌集が描く美の本質です。

紫式部の「源氏物語」、世阿弥の「風姿花伝」、松尾芭蕉の「猿蓑」、尾崎紅葉の「金色夜叉」、三島由紀夫の「豊饒の海」。これら代表的な文学作品はもちろんのこと、文学、書画、芸事など狭義の日本文化、果ては日常生活における季節感、恋愛観において、私たち日本人はなべて古今和歌集で紡がれた美意識の下に生きているといって過言ではありません。まさに日本文化のバイブル!

impact

紀貫之は古今和歌集の「仮名序」にこう記しました。

「たとひ時移り 事去り 楽しび哀しびゆきかふとも この歌の文字あるをや(略)歌の様をも知り この心を得たらむ人は 大空の月を見るがごとくにいにしへを仰ぎて 今をこひざらめかも」
古今和歌集(仮名序)

大空の月を見上げる様に昔の日本への思いを寄せれば、古今和歌集が出来た時代を恋慕わないことなんてない…
→関連記事「貫之様にインタビューしてみた ~古今和歌集 仮名序妄訳~

古今和歌集はなにも遠い過去の遺物ではありません。歌を愛するこころさえあれば、いつでも私たちを迎え入れてくれます。あたたかく。

さあみなさん、和歌を通じて日本美の深淵を探りに行きましょう!

→「歌会・和歌教室」

(書き手:和歌DJうっちー)

→「和歌と風雅のこと始め(睦月の会)」1/26(日)9:50~11:50