【百人一首の物語】一番「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」(天智天皇)

一番「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」(天智天皇)

一番歌に天智天皇を据えた、ここに百人一首という百首歌の編纂目的がおのずとみて取れます。それは端的に「平安王朝の歴史物語の再現」です。

歌集というものは総じて部立や配列といった構成を持っているものですが、それが百人一首の場合は「歌人の年代順」となっています。これがめずらしいものかというと決してそうではなく、代表的なところでは藤原公任による「三十六人撰」や後鳥羽院による「時代不同歌合」なども有名でしょう。しかしこれらが柿本人麻呂ではじまり、紙上歌合せの趣を強くしているのに対して、百人一首は天智天皇を一番に採り、多少のブレはあれ年代順の配列に芯を通し最後を後鳥羽、順徳院で締めている。これが王朝の歴史でなくてなんであるかです。

王朝のはじまりというのなら巻頭歌人を神話に求めてもいいのではないか、こんな意見もあるでしょう。たしかに古今集の仮名序には古事記を踏まえ「須佐之男命」なんて名前も登場します。しかし平安時代に整えられた歴史観はそうでありませんでした。たとえば「愚管抄」、鎌倉初期の代表的歴史書が神代を無視して人代から歴史を語り始めたように、法律(律令)を整え「天皇」号ならびに「元号(大化)」を制定し中華からの独立を成した人物、天智天皇こそが王朝の太祖であると考えていたのです。(記紀神話に万葉集とった天武皇統の遺産のほとんどは、平安王朝においてほとんど重んじられていません)

もし百人一首が歌人の系譜をなぞるためなら、歌聖「人麻呂」を一番の座に据えたことでしょう。次点で初代集「古今和歌集」の代表的撰者である「紀貫之」もあるかもしれませんね。また「時代不同歌合」のように近代歌人を重んじるなら、「西行」あたりを一番に据えてもおかしくありません(西行は新古今集において最多の九十四首が採られました)。しかし百人一首の撰者である藤原定家はそうしなかった。歌人順に配列する百首歌の巻頭において天智天皇を鎮座させた、これは王朝の歴史物語を紐解こうという明確な意思の表れなのです。

天智天皇歌はその内容も、巻頭を飾るにふさわしいめでたさです。
内容をそのまま解釈すれば、「刈り入れのころの田んぼの仮小屋はその屋根を葺いた苫の目が粗いので、私の袖は漏れてくる露でびしょ濡れです」といったことですが、もちろん天皇みづからが稲刈りをするわけはありません。そもそもですがこの歌、なんと万葉集にある作者不詳の歌※であったのがいつしか天智天皇作と伝えられ後撰集に採られたのです。いったいなぜ?

契沖という江戸時代の国学者がこのようなことを記しています。

「これは土民の我にて、天子の御身をおし下してまたく土民になりて、辛苦をいたはりてよませたまふ」
改観抄

まさにこういうことです。天皇みずからが農民とおなじ立場になって農事と作物に感謝を尽くす。百人一首の一番歌は、国民と五穀豊穣の安寧を祈る理想的な為政者の姿が歌われているのです。

ここに、平安王朝の偉大な物語が幕を開けました!

※「秋田刈る仮庵をつくり我が居れば衣手寒く露ぞ置きにける」

(書き手:和歌DJうっちー)

「百人一首の物語」一覧


代表的な古典作品に学び、一人ひとりが伝統的「和歌」を詠めるようになることを目標とした「歌塾」開催中!

<!--→「和歌と文人墨客の集い(如月の会)」2/23(日)9:50~11:50 -->