「京極派」と「勅撰集の歌風」

このサイトのタイトルに添えた「京極派」。
今回は京極派に込めた思いを、和歌の「歌風」の変遷とともにご紹介します。

まず「京極派」ですが、これは鎌倉時代に興った和歌の流派の一つです。
開祖は「京極為兼」。その祖父は「藤原為家」ということは、、、そうです為兼の曽祖父はかの「藤原定家」、その上には「藤原俊成」が座する和歌史における一大ブランド、御子左家の流れを継いでいるのが京極派なのです。

俊成以来、御子左家は歴代の勅撰和歌集の編纂を担ってきましたが、家領の争いから為家の次代に三つに分裂します。「二条家」「京極家」「冷泉家」の三家です。

二条家は嫡流として、以後の勅撰集編纂の任をほぼ締めました。家筋は室町期に断絶してしまいますが、その歌風は「古今伝授」といった形で伝わり、明治に至るまでの堂上花壇でしぶとく生き続けました。
冷泉家はなんと、今も京都にその家を残しています。念願の勅撰和歌集の編纂は叶いませんでしたが、和歌にまつわる貴重な資料や伝統を伝えています。
公益財団法人 冷泉家時雨亭文庫

そして京極家。
京極家の開祖は為家の三男「為教」ですが、独自の歌論を記し、その理想を勅撰集に結実させたその子「為兼」こそが実質的な京極派の開祖といっていいでしょう。

京極派の真価、それは和歌に「新風」を吹き込んだことです。
「新儀非拠達磨歌」。こう揶揄され革新的な歌風を生み出した定家も、晩年には伝統的な歌風に落ち着いていきます。その現れが九代勅撰和歌集「新勅撰集」、彼が同様に編纂に関わった新古今和歌集と比べると新勅撰集は目新しさもなく評価も乏しいです。
御子左家の嫡流たる二条家は、その伝統歌風を代々受け継いでいきました。そのあり様は現代の家元制度! 文芸を磨くより家を守ることを重視した結果、退屈な歌ばかりが量産されていくようになります。これに対峙したのが京極派の新しい和歌だったのです。

はたしてどのような歌であったのか!?
それを知る前に和歌の「歌風」について理解を共にしましょう。

和歌の「歌風」、例えば万葉集を「益荒雄ぶり」古今集を「手弱女ぶり」なんて評価するのも歌風論です。
ちなみにこれでいくと、歴代勅撰集の和歌のほとんどは手弱女に括られてしまいます。

ですので私は歌風を語る場合、歌の「心」と「詞」のバランスで論じるようにしています。
心と詞。どんな歌であれ、歌とはこの二つを元に成り立っています。そして歌風=歌の姿とは、心と詞のバランスの度合いに他ならないのです。

具体的な歌例でご説明しましょう。
以下に代表的な歌集で詠まれた「梅」歌を並べてみました。

万葉集

万1423「去年の春 いこじて植ゑし 我がやどの 若木の梅は 花咲きにけり」(阿倍広庭)
万4134「雪のうへに 照れる月夜に 梅の花 折りて贈らむ 愛(は)しき児もがも」(大伴家持)
「去年植えた梅が咲いたなぁ」、「梅を贈る彼女がいたらなぁ」と、ほとんど散文的に自分の願望を詠んでいます。
「心・詞」で表現すると、万葉集は心が強い【心>詞】の歌風である、とざっくり評することができます。

古今和歌集

古39「梅花 にほふ春べは くらぶ山 闇に超ゆれど しるくぞありける」(紀貫之)
古337「雪ふれば 木ごとに花ぞ 咲きにける いつれを梅と わきてをらまし」(紀友則)
古今集は「掛詞」などの修辞法駆使し、いわゆる理知的に組み立てられた歌が大半です。木と毎で「梅」(漢字の偏と旁)なんて言葉あそびの極致といえるでしょう。
つまり古今集は万葉集と反して、詞が強い【心<詞】の歌風とであると言えます。

ちなみに六歌仙の一人「在原業平」は貫之にこう評されています、

在原業平はその心余りてことばたらず。しぼめる花の色なくて、にほひ残れるがごとし
古今和歌集(仮名序)

心が溢れんばかりでことばが足りない、詞を重んじた貫之ならではの業平評です。しかし業平は「からころも…」に見られるようなゴリゴリの技法も得意としましたから、実際の歌風は【心≧詞】といったところが妥当でしょう。

新古今和歌集

さて新古今集ですが、当代の代表歌人藤原定家やその父俊成の歌論には、歌の「心」と「詞」が明確に意識されています。たとえば定家の「毎月抄」、

心と詞とを兼ねたらむを、よき歌とは申すべし。心・詞のふたつは、鳥の左右の翼のごとくなるべきにこそ、とぞ思う給へ侍りける。
毎月抄(藤原定家)

よい歌とは心と詞とが鳥の翼のようにバランスした歌である。定家は「心・詞」の調和を意識的に行いました。
新古今とはこの双方が見事に調和【心=詞】した、理想的な歌集といえるでしょう。

新40「大空は 梅のにほひに かすみつつ 曇りもはてぬ 春の夜の月」(藤原定家)
新44「梅の花 にほひを移す 袖のうへに 軒もる月の 影ぞあらそふ」(藤原定家)

伝統的な詞を巧みに響かせつつ、繊細な心の綾を詠みこむ。
えも言われぬ歌の姿、美的様相が創出された梅の叙景、それは見たこともない絵画のよう!
同じ梅を詠んでこうも違うのかと、新古今の歌にはほんとうに驚かされます。

玉葉和歌集

さて、最後ご紹介するのが京極派、京極為兼が編纂した「玉葉集」です。
為兼は歌論でこのように語っています。

こと葉にて心をよまむとすると、心のままに詞のにほひゆくとはかはれる所あるにこそ。
為兼卿和歌抄

京極派では詞ではなく、自らの心が感じたままを歌うことを理想としました。
これは万葉集や正岡子規のいわゆる「写生論」と共通しているようですが、実際の詠歌は全く違うものです。

玉82「梅ヶ枝の しぼめる花に 露おちて にほひ残れる 春雨のころ」(宗尊親王)
玉83「梅の花 紅にほふ 夕暮れに 柳なびきて 春雨ぞふる」(京極為兼)

細かい観察眼で素直に自然を歌う、ただそれは伝統的和歌のフィルターを通して。また詞は修辞法などは無視しながらも詠み古された単語を選んでいる。この心と詞、それぞれの絶妙なバランスで生まれたのが京極派の新風だったのです。先までの「心・詞」で表現すると【心≧詞】という感じでしょうか。

実は京極派が出るまで、古今集の以後の伝統的な和歌では、自然をありのままに歌うなんてことはほとんどありませんでした。
心のあるがまま、写実を重んじた時点で京極派は新しかったのです。
しかしそれだけでは歌という芸術には至りません。京極派歌人は自然を光や風、匂い、これらとまみえる繊細な変化の相で捉え、いままで誰も見たことがない自然美を現出させたのです。
万葉、古今、新古今いずれとも違う、京極派和歌の魅力が伝わったでしょうか。

しかしいったい、このような美しい歌が詠み継がれたらどんな歌になったでしょうね?
実はこれ、叶わぬ願いなのです。

京極為兼には子がなく彼の没後京極家は断絶、歴史から京極派は消えてしまったのです。
残念です……

しかし一方、こうも思います。現代の私たちが京極派歌風を引き継いでみたら、いったいどういう歌にできるのだろうかと。
ん~、とってもワクワクします!

私はそういう思いを込めて、京極派を評することにしました。
さあ、一緒に京極派歌風を繋いで、新しい和歌の物語を創りましょう!

和歌DJうっちー/内田かつひろの詠歌WEB歌会あさぎいろ

→「平成和歌所の歌会・和歌教室
(書き手:和歌DJうっちー)