/卒業式の定番ソング「蛍の光」のはなし

卒業式の定番ソング「蛍の光」のはなし


駅にたたずむ袴姿の女性。
ああ、卒業式なんですね!
最近は成人式はもちろん、卒業式や夏の浴衣など、着物姿を好む若い人が増えたような気がします。
でも不思議と和装業界が儲かっているという話は聞きませんが、、

さて、卒業式といえば別れの歌、皆さんは何を歌いましたか?
ある調査によると、小学生の卒業式で最も歌われた歌は「蛍の光」だそうです。
→「卒業式の時に歌った曲は?

ちなみに私は海援隊の名曲「贈る言葉」でした。

「蛍の光」は閉店を知らせる際のBGMとして流れたり、広く日本人にとって馴染み深い曲です。
ですがこの詩の内容まで、ちゃんと理解している人は意外と少ないかもしれませんね。

■蛍の光(一番)
「蛍の光、窓の雪 ふみ読む月日、重ねつつ いつしか年も、すぎの戸を 開けてぞ今朝は、別れ行く」
作詞:稲垣千穎

この詩は「蛍雪の功」という中国の故事がもとになっています。
貧乏で灯りを灯す油が買えなかった青年は、
夏は蛍の光で、冬は窓から差し込む雪あかりで一心不乱に勉強しました!
という涙ぐましいお話です。

注目は詩中の「すぎ」。「年も過ぎる」と「杉の戸」が掛かっています。
杉の戸も貧しい家を象徴しており、それを開いて今朝旅立とう!! という内容です。
卒業式に全くふさわしい歌ですね!

一方で、閉店の曲としては微妙だということが分かります。
まあかく「蛍の光」も、二、三、四番に卒業ムードは一切ありませんが、、、

古典知識があるともっと深く味わえる、蛍の光のお話でした。
※ちなみにこの原曲、なんとスコットランド民謡だって知ってました?

(書き手:和歌DJうっちー)

→関連記事「別れと旅立ちに添える歌


歌会・和歌教室、和歌bar
 
歌会・和歌教室、和歌bar

平成和歌所では、和歌の基本を学び歌作りに挑戦する「歌会(連歌会)」「和歌教室」や古典ファンなら誰でも楽しめる「交流イベント(和歌bar)」を開催しています。ぜひ一緒に和歌文化を楽しみましょう♪


 
ラジオ和歌マニア

古典和歌を爆笑エンターテイメントとしてトコトン遊び倒していく番組です。 ニンマリ笑って、けっこうタメになる!「和歌DJうっちー」の分かりやすい解説(妄想含む)と日本文化イングリッシュ講師「ろっこ」の鋭い突っ込みでお送りします。


 
「四季を味わうルールブック」~古今和歌集で知る日本文化の基本~

「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。
ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?
おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始しているかと思います。
しかし本来、日本の四季はもっと多様でもっと深く味わえるものなのです。
それで満足しているなんて、私としては「もったいない」としか言いようがありません。
みなさんが日本の四季を十分に味わえていないのには理由があります。
それは四季ひいては日本文化を鑑賞するための「ルールを知らない」のです。
そして他ならぬこのルールブックこそが「古今和歌集」なのです。

本書では古今和歌集の四季(春夏秋冬)歌に焦点を絞り、分かりやすく解説しています。
これをご覧いただき、日本の四季を堪能するための「基本ルール」を身に付けていただければ幸いです。


 
書籍版「百人一首の歌人列伝」

平成和歌所から本が出ました。その名も「百人一首の歌人列伝」!
百人一首は歌ではなく「歌人を楽しむ」ものです。厳選した百人一首二十歌人の面白エピソードと代表歌をぜひ知ってください。
これを読めば「はるか昔にいた正体不明のオジサン」だった歌人たちが、グッと身近に感じられることでしょう。
そして本書を読み終わった後、あらためて百人一首を一番から眺めてみてください。
王朝の歴史絵巻が紐解かれ、つまらなかったあの百首歌たちが息吹を宿し、断然おもしろく感じられるはずです。