【和歌マニア(第56回)】花見の前に知りたい!「桜の褒め方、愛で方」

いよいよ桜の季節も間近! この桜、あなたはどう褒めますか? まさか「わーキレイ!」の一言ですませていないですよね?
今回は桜の抜群の褒め方、愛で方を5つ伝授します! ろっこの桜の褒め方は「かわいい~」だった!?

♪放送で紹介した和歌
84「久方の ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」(紀友則)
76「花散らす 風のやどりは だれか知る 我に教えへよ 行きて恨みむ」(素性法師)
109「木伝たへば おのが羽風に 散る花を たれにおほせて ここら鳴くらむ」(素性法師)
115「あづさゆみ はるの山辺を 越えくれば 道もさりあへす 花ぞ散りける」(紀貫之)
116「春の野に 若菜摘むと こしものを 散りかふ花に 道はまどひぬ」(紀貫之)
89「さくら花 散りぬる風の なごりには 水なき空に 浪ぞたちける」(紀貫之)
114「惜しと思ふ 心は糸に よられなむ 散る花ごとに ぬきて留めむ」(素性法師)
71「残りなく 散るぞめでたき 桜花 ありて世中 はての憂ければ」(よみ人知らず)
97「春ごとに 花の盛りは ありなめと あひ見む事は 命なりけり」(よみ人知らず)